海外製品への応用も可能

オンキヨー、セキュリティ関連分野に本格参入。新開発の小型高音圧スピーカーをアラームに活用

編集部:杉山康介
2019年06月13日
オンキヨーは、同社のOEM事業において、スピーカー技術を応用して小型で大音量を実現した「高音圧スピーカーモジュール」の開発に成功したことを発表。同スピーカーモジュールを活用し、今後セキュリティ関連分野の市場に本格的に参入すると表明した。

同社によると、振動板の振動モード解析などで振動板形状を検討し、ピークディップ周波数を最適に発生させることでドライバーユニットの高音圧化を実現。また振動板の前面に共鳴管を配置することにより、さらに音圧を上げることに成功。これにより、小型ながら1m離れた位置で95dBの音圧を実現するスピーカーモジュールを開発したとのこと。

高音圧ドライバーと共鳴管の配置により小型ながら高音圧を実現

同モジュールは省スペースながら従来品を大きく上回るような警報音を発生させることが可能で、また北米の基準もクリアしているため海外製品への応用も可能だという。同社はこれを活用して、サブブランド「Sound by Onkyo」などへの展開含め、セキュリティ関連分野へ本格参入するとのことだ。

同社は5月15日開催の同社取締役会にてサウンドユナイテッドへのホームAV事業の譲渡を決定(関連ニュース)。また、それを受けて「祖業であるスピーカーコンポーネント事業への回帰を進め、OEM事業に注力することによってあらゆる用途への拡大と業績向上を目指してまいります」としており、新構造の振動板開発加振器「Vibtone」のラインナップ強化などを発表している。

関連記事