A-PABが専用ウェブサイト設置

「地デジ4K・8K放送」実証実験。通常テレビ視聴へ影響する可能性からコールセンター開設

編集部:小野佳希
2019年05月30日
一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は、地上デジタル放送の4K・8K化に向けた実証実験を5月より東京地区において、7月より名古屋地区において実施する予定だとアナウンス。実証実験の電波発射に伴ってテレビ視聴にまれに影響を与える場合があることから、テレビ受信対策やラジオマイク運用調整を円滑に進めるための関連情報を案内するコールセンターを開設した。

実証実験電波の発射により、UHFテレビアンテナやブースターを使っている一部の家庭で、地上デジタルテレビ放送の映りが悪くなったり、ラジオマイクを使っていると雑音が混入する場合が出る可能性があるとのこと。これに対して、テレビ受信対策やラジオマイク運用調整を円滑に進めるため、関連情報を案内するウェブサイト「地デジ高度化実験受信対策センター」を開設した。

なお、本実証実験は、2018年度にNHKとNHKアイテック(現NHKテクノロジーズ)が総務省から委託を受けて行っていた実証実験の実施主体が変わり、再開するもの。

公式サイトでは実験電波の発射スケジュールなどを確認可能。電話での相談や問い合わせは下記にて受け付けている。

【問い合わせ先】
地デジ高度化実験受信対策センター
TEL/0120-922-690
受付時間9:00〜18:00(月〜金)

関連記事