従来モデルを機能向上

AKM、カーナビやワイヤレススピーカー向けのハイレゾ対応オーディオプロセッサー

編集部:押野 由宇
2019年05月28日
旭化成エレクトロニクス株式会社は、マルチコア オーディオプロセッサー「AK7739VQ」「AK7737VQ」を販売開始した。

「AK7739VQ」

AK7739VQは車載グレードCODEC内蔵品、AK7737VQはADC内蔵品。これまで車載ヘッドユニットに採用されてきた「AK7738」から、DSPコア、オーディオI/O、ADC、SRCの仕様を一部見直し、28bit浮動小数点を32bit浮動小数点演算に機能アップ。1サンプリングあたり6144step/fs×3(48kHzサンプリング時)の並列演算処理に機能向上させた。

プログラムエリアをRAMで構成することで、ユーザーの要望に合わせた自由なプログラミングに対応。サラウンド処理や様々な音響効果の再現、パラメトリックイコライザーを実現できるとする。処理に必要なメモリーは全て内蔵しているため、外付けメモリーは不要であり、またプログラムはシリアルインタフェース経由で外部から内蔵RAM領域に格納するため、アップデートが容易となっている。

ステレオADCやSRCなどの内蔵で、本製品にてオーディオシステムの主要部分を構成可能。またAK7739、AK7737内部のパスの接続はレジスターで自由に設定できるほか、マイクアンプ/マイクバイアス回路の内蔵により基板の省スペース化を実現。外部のデジタル機器からの入力やD級アンプへの出力にも対応する。

AK7739VQでは、アナログ出力に高級オーディオ向け製品などに搭載される32bit高音質DACの「VELVET SOUNDテクノロジー」を採用。ハイレゾ音源の再生にも最適としている。

AK7739VQ、AK7737VQの用途としては、カーオーディオ、カーナビゲーションシステム、ワイヤレススピーカーなどが挙げられている。

関連記事