ケーブルブランドも充実

<ヘッドフォン祭>Westone新W/BシリーズやMeze「RAI PENTA」が人気/ADVANCEDは完全ワイヤレスに睡眠用イヤホンも

編集部:川田菜月
2019年04月28日
4月27日・28日と東京・中野サンプラザで開催しているフジヤエービック主催「春のヘッドフォン祭2019」。本記事では、Westone/Meze Audio、宮地商会などのブースをレポートする。

Westone/Meze Audio

テックウインドのブースでは、4月に新モデルが続々登場したWestoneとMeze Audioを出展している。Westoneでは全ラインナップを試聴可能となっているが、人気だったのはやはり新しく登場した「Bシリーズ」。新「Wシリーズ」も特に音質の改良が施されたという「W40」「W60」を、旧モデルのユーザーが聴き比べにくるケースも多いとのこと。新モデルについては製品開発を担当するカートライト兄弟へ詳しくインタビューしているので、興味のある方はそちらもぜひ参照いただきたい(インタビュー記事)。

Westoneでは全ラインナップを用意

新しく登場した「Bシリーズ」が人気

Meze Audioは、4月26日に発売開始となったハイエンドイヤホン「RAI PENTA」が登場。試作機がイベントに登場してから数々のブラッシュアップを図り、美しい外観や高いフィット感、ナチュラルながらクオリティーの高いサウンドを実現したとのこと(レビュー記事)。製品の注目度も高く、多くの方が試聴に訪れていた。

ハイエンドイヤホン「RAI PENTA」も注目度高く試聴に人が並んでいた

宮地商会

宮地商会では完全ワイヤレスイヤホン2機種が参考出展。ADVANCED「MODEL X」は、Bluetooth 5.0を搭載、コーデックはSBC/AACをサポート。IPX5の防水性能を備え、タッチ操作が可能。イヤーチップにはフィット感の高いフォームタイプを付属し、耳にフィットするとより低域の強いパワフルなサウンドが楽しめるとのこと。

ADVANCED「MODEL X」

MEE audio「X10 True Wireless」もBluetooth 5.0で、コーデックはSBCのみ。こちらはナチュラルで聴きやすい音質に仕上げられているとのこと。操作はMのロゴ部分がボタンになっており、音楽再生/停止などが可能。価格はいずれも9,000円前後で一万円を切る予定だという。

MEE AUDIO「X10 True Wireless」

またADVANCEDからは、ハイレゾ再生可能なUSB-C対応変換アダプター「Accessport Lite」と睡眠用イヤホン「Sleeper」も出展。Accessport Liteは192kHz/24bitのハイレゾ再生に対応しており、3,000円前後と手頃な価格帯でかなり人気が高いとのこと。Sleeperは横になったりしても耳に痛くないよう、ハウジング部までシリコンの一体成型を採用したイヤホン。ケーブルもタッチノイズを抑える被膜を採用しているという。

ハイレゾ再生可能なUSB-C対応変換アダプター「Accessport Lite」

ハウジング部までシリコンの一体成型の睡眠用イヤホン「Sleeper」

参考出展の「FURAI」は、カスタムBAドライバーを2基、8mmダイナミックドライバーを1基搭載するハイブリッドイヤホン。ねじ式ノズルを採用しており、シルバーがリファレンスサウンドで、赤は高域を、黒は低域を強めることができる。またクラウドファンディング予定のaptX対応ワイヤレスレシーバーも展示されている。

参考出展の「FURAI」

ねじ式ノズルを採用

Rhapsodioからはシルバーの豪華な筐体を採用したイヤホン「EDEN」(夏頃発売予定、価格は20万円前後)や、片側20BAドライバーを搭載した「Infinity」など各モデルを出展している。Periodic Audioからはポータブルアンプを参考出展。出力は3.5mmプラグのみ、音量操作ボタンなども一切ない超シンプル設計で、音の厚みがまして音質を強化できるとのこと。価格は3万〜4万円前後を予定。Dekoni Audioではイヤーパッド製品を各種並べている。開発者の一人がビーガンとのことで、動物の革を使用せずに同等の質感を実現したという最新モデルなども登場した。

Periodic Audioからはポータブルアンプを参考出展

シルバーの豪華な筐体を採用したイヤホン「EDEN」


動物の革を使用せずに同等の質感を実現したという最新イヤーパッド

Periodic Audioのイヤホンも展示されている

ブリスオーディオ

BriseAudio(ブリスオーディオ)はヘッドフォン祭初日に発売をスタートさせた、イヤホン用リケーブルの新シリーズ「ASUHA」をメインに、同社のラインナップをずらりと並べている。ASUHAは同社では初となるカーボンナノチューブ(CNT)を採用した点が大きな特徴で、同社ケーブル製品の中でも安定性の高いクリアなサウンドを実現するとのこと。

同社のラインナップがずらり

新シリーズ「ASUHA」

ブースには旧モデルをメインとした物販スペースも用意。さらに同社のヘッドホンアンプと、ナスペックのプレーヤーおよびDAコンバーターを組み合わせたヘッドホン試聴システムも用意されている。

ヘッドホンアンプの試聴スペースも

SIMGOT

SIMGOTは日本展開を控えた新モデルを多数展示。5月中旬から発売を予定している「EM2」は、BAとダイナミックを各1基ずつ搭載するイヤホンで、バランスよく原音忠実なサウンドを鳴らすとのこと。価格は15,000円以内になる予定。「EK3」はBAドライバー3基搭載するカスタムIEMで、サウンドを4種類から変更することができるとのこと。6月頃の発売予定で、35,000円前後の予定。

「EM2」は全5色をラインナップ

「EK3」はBAドライバー3基搭載するカスタムIEM

「MEETURE MT3」は10mmダイナミックドライバー搭載のエントリークラスイヤホン。リケーブル対応で、10,000円前後を想定している。他にもEN700 PROなど同社製品が並ぶ。

「MEETURE MT3」はエントリークラスのイヤホン

EN700 PROは同社製品の中で一番人気とのこと

Ra Quar

Ra Quarは台湾のケーブルメーカーで、設立1年ほどの若いブランド。ヘッドフォン祭限定の各1本ずつ3種類を用意。36本の純銀線を使用した25万円の高級モデルなどを今回のために準備したという。他にも同社のラインナップを並べて展示、比較試聴できるようになっている。

同社のラインナップを並べて展示

36本の純銀線を使用した25万円の高級モデルなど

なお本日28日には、特売コーナーの全製品が5%オフになる「ファイルウェブ割」を実施中だ。ファイルウェブの「春のヘッドフォン祭2019」関連記事を(この記事含む)表示したスマホを、フジヤエービックの販売スタッフに見せるだけで割引が適用される。

関連記事