「Jabra Move Wireless」のアップグレード版

Jabra、重さそのままバッテリー持続時間を向上したBluetoothヘッドホン「Jabra Move Style Edition」

編集部:平山洸太
2019年04月12日
GNオーディオジャパンは、ヘッドセットブランドJabraより、Bluetoothヘッドホン「Jabra Move Style Edition」を4月19日に発売する。価格は12,800円(税抜)。チタニウムブラック、ゴールドベージュ、ネイビーブルーの3色がラインナップされる。

Jabra Move Style Edition

今年の年明けに、ラスベガスで行われた展示会「CES 2019」で発表されたモデルの日本発売が決定した(関連ニュース)。すでに発売されているBluetoothヘッドホン「Jabra Move Wireless」(関連ニュース)のアップグレード版と説明されている。

チタニウムブラック、ゴールドベージュ、ネイビーブルーの3色がラインナップ

主な変更点はバッテリー持続時間の向上で、従来の8時間から最大14時間へと増加した。待受は12日間まで可能。そのうえで、150gの軽量性はJabra Move Wirelessから維持したとアピールされている。また音質では、独自のデジタル信号処理(DSP)により、音楽/映画/通話などで明瞭なデジタルサウンドを再生するという。

3色を並べたイメージ

北欧デザインも継承し、ヘッドバンドは頭の大きさに合わせて調節が可能。アーム部には耐久性を考慮し、ステンレスが採用された。電池が切れた場合やワイヤレス接続ができない場合は、付属の3.5mmオーディオケーブルで接続することで有線ヘッドホンとして使うこともできる。

ハウジングには多機能ボタンを備えており、音楽の再生操作などが可能。マイクを内蔵しておりハンズフリー通話にも対応する。

関連リンク

関連記事