解像度はWUXGA

BenQ、輝度5,500ルーメンのDLPプロジェクター「SU765」。ビジネス向けモデル

編集部:押野 由宇
2019年04月11日
ベンキュージャパンは、5,500ルーメンの高輝度プロジェクター「SU765」を、4月19日より発売する。価格はオープンだが、340,000円前後での実売が予想される。

「SU765」

解像度WUXGA(1,920×1,200)および5,500ルーメンの輝度を実現。これにより、明るい中規模の会議室内でも快適にプレゼンテーションが可能とするビジネス向けDLPプロジェクター。インフォグラフィックのテキストとグラフィックを詳細に表示するのに最適という「インフォグラフィックモード」を搭載する。

縦横±30度の台形補正が可能で、画像の四隅を個々に調整して、歪みのない長方形画像を映し出すコーナーフィット制御機能も装備。ズームは最大1.5倍に対応し、3.6メートルの投写距離で120インチを投写できる。

光源は標準モードで最大約3,500時間、エコノミーモードで最大約5,000時間、スマートエコモードで最大約6,000時間程度の寿命を実現する。入力端子はミニD-sub15ピン×1、HDMI×2、オーディオミニジャック×1、出力端子にはミニD-sub15ピンとオーディオミニジャックをそれぞれ1系統備える。外形寸法は360W×121H×259Dmm、質量は約3.7kg。

関連リンク

関連記事