NHK第2

radiko、「NHKラジオ第1/NHK-FM」を4月1日から正式配信。エリア外・タイムフリー聴取は非対応

編集部:小澤貴信
2019年03月22日
radikoは、NHKラジオ第1およびNHK-FMを正式なサービスとして4月1日より配信開始する。

これまでradikoはNHKラジオ第1、NHKラジオ第2、NHK-FMの配信を、実験配信という位置付けで行ってきた。その実験結果をNHKが総合的に判断して、今回の正式配信に至ったという。

実験配信が行われていたNHKラジオ第2は正式サービスから除外されており、実験配信も2019年3月29日(金)にて終了となる。

NHKラジオ第1については、全国を8エリアに分けた8コンテンツとして配信される。

なお、radikoでのNHKラジオの配信は、無料で聴取できるライブ(同時配信)のみで、「ラジコプレミアム」(有料/放送エリア外聴取)、「タイムフリー聴取」(無料)での聴取には対応しない。

NHKと日本民間放送連盟では2011年より、ラジオの魅力を知ってもらうことで新たなラジオリスナーを獲得することを目的に、「NHK・民放連共同ラジオキャンペーン」を実施。radikoでのNHKラジオの配信は、同キャンペーンの一環として2017年10月より、一部エリア(関東広域・福岡県域・宮城県域・広島県域・愛媛県域の5エリア)で実験的な配信としてスタートした。その後、2018年度には配信地区を47都道府県に拡大し、実験配信を継続してきた。今回上記のようなかたちで正式サービスとなった。

radikoは「リスナーのユーザビリティを重視しラジオの社会的価値を訴求する、NHKと民放連の垣根を越えた取組み」と紹介している。

関連リンク

関連記事