2019年3月末まで

radiko、全国47都道県でNHKラジオの配信を開始。4月12日から

編集部:川田菜月
2018年03月22日
(株)radikoは、4月12日(木)正午から、全国47都道県を対象にNHKラジオの実験配信を開始すると発表した。終了予定は2019年3月末。


radikoでのNHKラジオの実験配信は、日本民間放送連盟(民放連)とNHKによる共同キャンペーンの一環として、災害時における有効な情報伝達メディアとして聴取インフラ実験をベースとしたラジオの社会的価値やラジオの魅力の訴求を目的としており、2017年10月2日より国内5エリア(関東広域/1都6県・福岡県域・宮城県域・広島県域・愛媛県域)にて実施されている(関連ニュース)。

上述の実験配信において、ユーザーから配信の継続や聴取エリアの拡大希望の意見が多くあったこともあり、4月12日からは全国47都道府県にて2018年度実験配信を開始。なお、2017年度実験配信は2018年3月30日(金)をもって終了となる。

NHKラジオの実験配信は、無料で聴取できるライブ(同時配信)のみ。コンテンツは以下のとおり。

・NHK第1(全国を8エリアに分けた8コンテンツ)
・NHK第2(全国共通1コンテンツ
・NHK-FM(東京1コンテンツ)

なお前回同様、radikoの『エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)』(有料/放送エリア外聴取)、『タイムフリー聴取』(無料)の配信は行わない。

関連記事