その他機能アップデートも実施

Googleのスマートディスプレイが「OK,グーグル」1回で会話可能に

編集部:押野 由宇
2019年03月11日
米Googleは、Googleアシスタント搭載のスマートディスプレイにおいて、「Continued Conversation(続けて会話)」機能を搭載したことを発表した。

「続けて会話」機能は、最初にウェイクアップワードの「OK, Google」を発声、音声操作を行ってからしばらくはマイクをオンにし続けるというもので、都度「OK, Google」と言うことなく連続して音声操作が行える。なお、アナウンス時点で本機能は英語(米国)でのみ利用可能となっている。

同機能は、Google Homeシリーズとしてラインナップする7インチディスプレイ搭載スマートディスプレイ「Google Home Hub」や、Lenovo、LG、JBLなどのGoogleアシスタント搭載スマートディスプレイにおいて有効にできる。また、オプションとしてオンオフを切り替えられる。

「Google Home Hub」

その他、最近のスマートディスプレイ向けアップデートとして、通訳モード、対応するスマート家電の制御、マルチルームオーディオにおける音量調整、Googleフォトとの写真の共有といった機能が追加されている。

関連リンク

関連記事