ACTON IIとSTANMORE II

<IFA>MARSHALLからGoogle/Alexa対応スマートスピーカー登場、スタイルはギターアンプのまま

編集部:風間雄介
2018年08月31日
IFA 2018の会場内で行われた前夜祭イベント「Showstoppers」において、MARSHALLのスマートスピーカーが披露された。「ACTON II VOICE」は299USドル、「STANMORE II VOICE」は399USドルとなる。

「ACTON II VOICE」(左)と「STANMORE II VOICE」(右)。いずれもAmazon Alexa対応モデル

同じくGoogleアシスタント対応モデル。外観はほぼ同じ

ベースは同じACTON IIとSTANMORE IIだが、Amazon Alexa対応モデルとGoogleアシスタント対応モデルの2種類に分かれており、Amazon Alexa対応モデルはこの秋、Googleアシスタント対応モデルはその後に発売される。

より具体的なスケジュールでは、「STANMORE II VOICE」Alexa対応版は10月2日に発売。「ACTON II VOICE」Alexa版は11月9日発売となる。米国をはじめとした各国で発売される予定だ。

STANMORE II VOICEの天板のコントロール部。右端にマイクボタンがある

さらにMARSHALLでは、AlexaやGoogleアシスタント以外の音声アシスタントに対応させる予定もあると説明している。どの音声アシスタントに対応するのか楽しみだ。

アコースティックな面では、「ACTON II VOICE」も「STANMORE II VOICE」も、ともにクラスDアンプを搭載。バスレフ方式のキャビネットを採用しているほか、カスタムチューンしたドライバーを搭載している。

関連記事