ストリーミングアプリ追加機能は対象拡大

ACTIVO、ハイレゾプレーヤー「CT10」を機能強化アップデート。AK CD-RIPPER連携などに対応

編集部:小野佳希
2019年02月14日
アユートは、ACTIVOブランドのハイレゾプレーヤー「CT10」をアップデート。Astell&Kern「AK CD-RIPPER」と組み合わせてのCD/MQA-CDのリッピング/プレーヤー機能追加などを行う最新ファームウェア「V1.11」の提供を開始した。

ACTIVO CT10

アップデートによって、上記のようにAstell&Kern「AK CD-RIPPER」および「AK CD-RIPPER MKII」に対応。AK CD-RIPPER/AK CD-RIPPER MKIIを接続することで、CDおよびMQA-CDのリッピングおよび再生ができるようになる。

この際、Wi-Fiでオンライン接続しておけば、GracenoteからCD楽曲情報の取得が可能。またリッピング終了後、CT10検索機能から「CDライブラリ」を選択するとリッピングデータが保管されており、ファイルとして再生ができる。

特定の音楽ストリーミングサービス聴取アプリを追加できる「Open APP Service」も強化。同機能にDS AudioおよびDeezerが追加される。そのほか、安定性の向上も図られる。

関連リンク

関連記事