最大出力は50W

FX-AUDIO-、2.1ch対応のDAC搭載フルデジタルプリメインアンプ。8,980円

編集部:押野 由宇
2019年02月14日
ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-の2.1ch対応フルデジタルプリメインアンプ「FX-Q50J」を、本日2月14日21時より発売する。価格は8,980円で、カラーはシルバーとブラックの2色を展開。

「FX-Q50J」(シルバー)

デジタルアンプICは2ステージ構成で、TexasInstruments製 「TAS5342 デジタルアンプパワーステージ」「TAS5508 デジタルオーディオPWMプロセッサー」を搭載。サブウーファー出力端子を装備し、2.1ch再生に対応する。

最大出力は50W×2。デジタル式のトーンコントロール機能により、信号の損失による音質劣化を回避した高品質な音質調整が可能としている。またイコライザー機能として5種類のプリセットを用意する。

「FX-Q50J」(ブラック)の前面と背面部

電子ボリュームを採用しギャングエラーに配慮。DAC ICとしてCIRRUS LOGIC製「CS8422」を搭載する。デジタル入力はUSB-B(1.1/2.0)、光TOS、RCA同軸の3系統しており、光・同軸で192kHz/24bit、USBは96kHz/24bitまでの入力に対応する。アナログ入力として3.5mmステレオミニを備える。外形寸法は133W×33H×128Dmm、質量は515g。

関連記事