業務提携から関係をさらに強化

NTTぷらら、「テラスハウス」など制作のイーストと資本提携

編集部:小野佳希
2019年02月07日
NTTぷららは、「TERRACE HOUSE」などのテレビ番組制作や映像関連事業を展開するイースト・グループ・ホールディングスと資本提携したことを発表した。なお出資比率は非公開。


両社は昨年2018年5月に業務提携を行っていたが、その関係を一歩進めて1月31日付けで資本提携を締結。今回の資本提携を通じて、「コンテンツ制作をさらに加速させ、価値ある映像コンテンツを拡充していく」としている。また「両社のノウハウと知見を活かし、新しい映像技術を活用した新体感型のコンテンツ制作に向けて取り組み、映像サービスのさらなる事業創出と普及に向けて推進していく」ともしている。

NTTぷららは映像配信を中心としたサービス「ひかりTV」を運営している企業。一方のイースト・グループ・ホールディングスは「奇跡体験!アンビリバボー」「ニッポンのミカタ!」「TERRACE HOUSE」を代表としたテレビ番組制作や映像関連のエンターティンメント事業を展開している。両社では業務提携に基づいて、これまで、オリジナルニュース番組組「NewsX(ニュース・エックス)」をはじめ、多数の番組を共同で制作している。

関連記事