M-DISCにも対応

パイオニア、UHD BD再生対応のWindows用ポータブルドライブ。約2.5万円

編集部:押野 由宇
2019年02月05日
パイオニアは、Ultra HD Blu-ray再生に対応したWindows用ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XS07B-UHD」を、2月中旬より発売する。価格はオープンだが、25,000円前後での実売が想定される。

「BDR-XS07B-UHD」

Ultra HD Blu-rayの再生対応バンドルソフトを同梱しており、パソコンで臨場感のある映像を楽しめるとするスロットローディングタイプのディスクドライブ。Blu-rayディスク、BDXLTMディスクデータの長期保存が可能なアーカイブ用光学メディアであるM-DISCへの記録・再生にも対応する。

ディスク表面の傷や汚れでオーディオCDのデータが読み取れないときに、再度読み取りを行う「PureRead4+」機能を搭載。リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑え、オーディオCD本来の音質で再生する「RealTime PureRead」や、ローディング動作や静音設定などを最適化する「視聴モード」など、音楽/映像鑑賞に配慮した仕様となっている。

また、Android端末専用音楽アプリケーション「Wireless Hi-Res Player〜Stellanova〜」をダウンロードしたAndroid端末とUSB ケーブルで接続することで、直接音楽CD の取り込み・再生が行える。曲名やアルバム名、ジャケット画像などのメタデータはGracenote Music IDから自動取得が可能。

本機は同社製ドライブとして初めて、電源供給や高速転送が可能なUSB3.1 Gen1 対応 Type-Cコネクタを装備。USB Type-C 給電対応ケーブルとしてUSB Standard A→USB Type-CおよびUSB Type-C→USB Type-Cを同梱する。

筐体にはマットブラックカラーのラバーコーティングを採用。また高い質感と耐久性を実現したとする。同梱のスタンドを利用して縦置きも可能。

縦置き用スタンドを同梱する

ほか、別売のワイヤレスドック「APS-WF01J-2」と組み合わせることで、iPhone/iPadおよびAndroidスマートフォン用音楽アプリケーション「Wireless Hi-Res Player 〜Stellanova〜」を使って、音楽CDをワイヤレスで端末に取り込むことができる。また、iPhone/iPad用アプリケーション「Wireless Photo Server 〜Snap Pod〜」により、端末内の画像や動画をワイヤレスでBlu-ray Discに書き込める。

関連記事