200万画素

ドン・キホーテ、360度撮影できる12,800円のドライブレコーダー

編集部:押野 由宇
2019年01月30日
ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格プラス」より360度撮影に対応したドライブレコーダー「DVR360K97-BK」を、2月9日より全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で発売する。価格は12,800円(税抜)。

「DVR360K97-BK」

フロントだけではなく、後方や左右360度を撮影できるドライブレコーダー。200万画素のカメラを搭載し、ナンバープレートをしっかり識別できるとしている。

撮影モードは「フロントモード」と、より幅広い視野の「ワイドアングルモード」、車内前方と運転席を映す「球面モード」、前後左右を捉える「マルチウィンドウモード」の4パターンを搭載する。

27フレーム/秒の撮影によりLED信号の撮影に対応。本体とともにシガーケーブルにもノイズ防止機能を搭載するほか、タブレットなどで使用するCPUの採用で映像クオリティなど性能を向上させたという。

動画保存形式はH.264/1080p/27fps。対応メモリーカードはMicro SDカードで、最大32GB、class10推奨。外形寸法は約93W×63H×31Dmm、質量は本体が約105g、ブラケットが約11g。

関連記事