今後は音楽ライブや演劇などでのライブビューイングを目指す

B.LEAGUEを32:9ワイド映像でライブビューイング。8K技術用いた共同実験をスカパーなど4社が実施

編集部:平山洸太
2019年01月24日
スカパーJSAT(株)は、アストロデザイン(株)、(株)朋栄、日本ビデオシステム(株)の3社協力のもと、8K技術を用いた32:9ワイド映像のライブビューイングに成功した。

実験システム概要

次世代型ライブビューイング「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019 B.LIVE inTOKYO」(以下B.LIVE)の映像・音響の中継制作を富士通(株)よりスカパーJSATが受託したもの。同社が昨年発表した8K映像2SI分割伝送実証実験(関連ニュース)の成功と、8K映像による「そうかえん」ライブビューイングの成功を受けて実施された。

8K技術を用いた32:9ワイド映像での中継制作は、従来の16:9の映像では映しきれない「チームのフォーメーションやスポーツならではの臨場感、ゲーム性を表現することができる今までにない中継技術」という。

中継方法として、8Kカメラで制作された映像から32:9の画角を抜き出し、現行の4Kエンコーダー/デコーダーを用いて伝送。今回はより簡易とするSQD方式で伝送を行い、送受信時の確認などの作業効率化と、伝送帯域の経済性を両立させたとのこと。

この方法を既存の4K機器を8Kに応用していくことで、導入コストや技術的なハードルを下げる効果が期待できるという。また今回成功したスポーツ中継に加えて、今後は音楽ライブや演劇など、様々なイベントのライブビューイングを目指していくとしている。


【使用機材】
8Kカメラ:キヤノン「K8C/K8B」、シャープ「8C-B60A」
4Kエンコーダー/デコーダー:富士通「IP-HE950」
8Kコンバータ(2SI 変換):アストロデザイン「SC-8219」
TSマルチプレクサ:アストロデザイン「CX−5528A-F」
12G-SDI対応プロセッサ:朋栄「FA-9600」
8Kレコーダー:アストロデザイン「HR-7518」
8K映像確認用ディスプレイ:シャープ「LC-70X500」
12G-SDI光伝送機器:日本ビデオシステム

【使用回線】
光回線(伝送レート:100Mbps)

関連記事