8月から出荷開始

<CES 動画レポート>ハーレーの電動バイク「LIVEWIRE」がカッコいい! 3.5秒で時速100km到達

編集部:風間雄介
2019年01月09日
2019 International CESにあわせて、ハーレー・ダビッドソンが同社初の電動バイク「LIVEWIRE」を発表した。すでに日本語サイトにも情報が掲載されている。米国では8月から出荷を開始する。

この「LIVEWIRE」、電動であるということだけでなく、その性能がものすごい。なんと、時速60マイル(約時速100km)に到達するのにかかる時間は3.5秒以下。文字通り圧倒的な加速力だ。ハイボルテージ・バッテリーとモーターによって、信じられないほどのスピードが得られる。しかもクラッチは不要、ギアチェンジの必要も無い。

1回の充電で走れる距離は110マイル(177km)程度と、ちょっとした遠出なら十分だ。さらに一般的な電気自動車で使われる充電用のコネクターを搭載しており、Level 1 chargerで家庭用電源から充電できるほか、Level 3 DC高速充電にも対応し、充電ステーションでも電力を高速補給できる。

お値段は約3万ドル。ここまで来ると、高いか安いかよく分からなくなってくる。CESのパナソニックブースに置かれていた「LIVEWIRE」の動画レポートをお届けする。


関連記事