低価格モデル「DRV-240」も

ケンウッド、新デザインでフロントガラスの映り込みを抑えたフルHDドラレコ「DRV-340」

編集部:押野 由宇
2019年01月09日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのドライブレコーダーの新ラインナップとして「DRV-340」「DRV-240」の2モデルを2月上旬より発売する。価格はオープンだが、DRV-340が14,800円前後、DRV-240が12,800円前後での実売が予想される。

「DRV-340」

両モデルともに、フルハイビジョン(1,920×1,080)録画による高画質記録に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで、鮮明に記録することが可能という。また、本体とブラケット形状の見直しを図り、録画映像へのフロントガラスの映り込みを低減させたデザインで、より鮮明な録画を実現したとする。

「DRV-240」

さらに「HDR機能」の搭載で、逆光やトンネルの出入り口など、明暗差が激しい環境時におきやすい白とびや黒つぶれを抑え、安定した録画が行えるという。

駐車中の衝撃や動体を検知すると自動で録画・保存を開始する「駐車監視録画機能」では、別売の車載電源ケーブル「CA-DR150」を使用することで、最長24時間の長時間駐車監視録画に対応する。

そのほか録画モードとして、エンジンのON/OFFに連動して自動で録画がスタート/ストップする「常時録画」、必要に応じて手動で録画ボタンを押すことで常時録画とは別のフォルダに映像データの記録できる「手動録画」、Gセンサーが突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知すると自動的に録画を開始する「イベント記録」を備える。

またLED信号機の無点灯記録防止への対応や、地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計など、利便性の向上が図られる。

DRV-340のみ、高感度なGPSの搭載により、速度、緯度、経度などの自車の運転情報を記録可能。専用のPC用連携ビューアーソフト「KENWOOD ROUTE WATCHERII」を使用した走行記録の表示、確認にも対応する。

ともに外形寸法は62W×51H×37Dmm。本体には16GB microSDHCカードが付属する。

関連記事