ドルビーアトモス再生にも対応

<CES>パナソニック、独自カスタムパネルで画質高めた有機EL最上位「GZ2000」。ドルビービジョン/HDR10+など全対応

編集部:平山洸太
2019年01月08日
パナソニックはCES 2019において、4K有機ELテレビ「TX-65GZ2000(65型)」「TX-55GZ2000(55型)」を発表。欧州で2019年夏に発売予定となり、価格は未定。日本市場での販売は検討中とされている。

「TX-65GZ2000」

新たな有機ELパネル「Professional Edition 4K OLEDパネル」を採用。これまでパネルはモジュール単位でしか調達できなかったが、このモデルでは各部品ごとの調達が実現したことで、駆動部に同社独自の技術を搭載できた。また、パナソニックの開発エンジニアによってパネルのカスタマイズを行った。これにより画質に影響するパラメーターをさらに細かく制御できるようになった。特に平均輝度が大きく改善し、コントラストが向上した。

HDR10+とDolby Visionに対応。両対応は世界初となる

HLGフォトの表示に世界初対応

またスター・ウォーズ/フォースの覚醒、ジュラシックワールドなどを手がけたハリウッドのカラリスト、Stefan Sonnenfeld氏によりチューニングが行われることで、「比例の無い、色の正確さを実現した」としている。またHDRではHDR10+とDolby Visionの両規格に世界初対応するほか、HLG写真を再生できる「HLGフォトモード」も搭載。こちらも世界で初めての対応となる。

Stefan Sonnenfeld氏

「HOLLYWOOD TO YOUR HOME」を掲げる

映像エンジンには、新開発の「HCX(Hollywood Cinema Experience)PRO Intelligent」を搭載。同社の映像処理技術に加え、ハリウッドとのコラボレーションによるノウハウを加えて開発されたとのこと。これによりコンテンツの色、コントラスト、明瞭さなどを分析する信号処理とパネル制御が可能になったという。

映像エンジンには、新開発の「HCX PRO Intelligent」を搭載

これにより、「明るさやコントラストが激しく変動するシーンでも、正確な色再現を可能とし、製作者の意図をより忠実に再現する」と説明されている。

そのほか、CalMAN PatternGenのテストパターンにも対応。オートキャリブレーションも行える。

オーディオにはテクニクスの技術を使用

Dolby Atmos対応のアップファイアリングスピーカーを本体上部に搭載

さらに、これも世界初のフィーチャーとして、ドルビーアトモス対応のアップファイアリングスピーカーが本体上部に搭載。複数のスピーカーユニットを用いることで映画の中に入り込んだような音場を形成するという。加えてテクニクス独自の「JENOエンジン」が搭載されるほか、同技術陣によりチューニングが行われることで、正確で上質な音を再現するとしている。

そのほか、スマート機能としてMy Home Screen 4.0が搭載され、より自由で柔軟なUIカスタマイズができるようになった。ホーム画面には、接続されているデバイス、Netflix、Amazon、Youtube、よく見るテレビ局などを追加することができるという。また音声アシスタントはGoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応しており、テレビの操作を行うことが可能。

関連記事