HDR10対応60型液晶テレビも

アイ・オー、新4K衛星放送チューナーと2TB HDDのパッケージセット。44,500円

編集部:小澤貴信
2018年12月12日
アイ・オー・データ機器は、新4K衛星放送に対応したBS/CS 4Kチューナーと録画用ハードディスク(2TB)をセットにしたパッケージ「HVT-4KBC2T」を12月下旬より発売する。価格は44,500円(税抜)。

「HVT-4KBC2T」

4Kチューナーは、同社初となる新4K衛星放送の受信に対応した4Kチューナー「HVT-4KBC」(関連ニュース)。4Kチューナー非搭載の4Kテレビに本機を接続することで、手軽に新4K衛星放送の視聴を開始できる。4Kコンテンツを2K解像度へ変換/出力するダウンコンバート機能も搭載している。

またHLG方式によるHDRにも対応、SDRへの変換機能も搭載する。後述する「LCD-M4K651XDB」のような同社のHDR10対応4K液晶ディスプレイに接続した場合、HLGからHDR10に変換出力も行える。

さらに本機は外付けHDDへの録画機能も搭載しているので、セットの録画用HDDと組み合わせ、新4K衛星放送の録画も行える。

また同社は、HDR10対応の65型4K液晶ディスプレイ「LCD-M4K651XDB」を2019年1月中旬に発売する。価格はオープンだが、168,000円前後での実売が想定される。

「LCD-M4K651XDB」

解像度は3,840×2,160で、4K/60pでの表示に対応。映像入力端子はHDMIを3系統(うち1系統が4K/60p、HDR10対応)、DisplayPortを1系統搭載する。。同社4Kチューナーとの組合せで、新4K衛星放送のHDR映像を楽しむことも可能だ。

パネルは上下左右178度の広視野角が特徴というADSパネルを搭載。10bitカラー表示にも対応する。超解像技術や画像の鮮やかさを10段階で調整する「エンハンストカラー」機能も備える。

別売りのタッチ化ユニット「てれたっち(DA-TOUCH)」を組み合わせれば、タッチパネルディスプレイとして使用することもできる。

消費電力は225W(最大時)/89.4W(通常使用時)、外形寸法は約1461W×902H×264Dmm、質量は約23.3kg(いずれもスタンドあり)。

関連記事