オプションも豊富

DJI、手のひらサイズで119gの3軸ジンバル内蔵カメラ「Osmo Pocket」

編集部:風間雄介
2018年11月29日
DJIは、3軸スタビライザー内蔵カメラとして史上最小となるビデオカメラ「Osmo Pocket」を発売した。価格は44,900円(税込)。同社公式ストアで販売開始している。

DJI「Osmo Pocket」

外形寸法は28.6W×121.9H×36.9Dmm、質量が116gと、手のひらサイズのビデオカメラ。ハンドル部とレンズ部に加え、タッチ操作対応の画面も備えている。USB-CやLightning端子で、AndroidスマートフォンやiPhoneと接続することもできる。SDカードは同梱されていない。

スマートフォンとも接続可能。専用アプリも用意する

この筐体に、3軸にメカニカルスタビライザージンバルを搭載し、手ブレを抑えた撮影が行える。±0.005度の制御精度と、120度/sの最大制御精度を実現する新アルゴリズムを備えているという。

センサーサイズは1/2.3インチで、ピクセルサイズは1.55μm。最大稼働時間は140mm、視野角(80度)となる。レンズはF2.0。静止画の画素数は12メガピクセル。また動画撮影では、100Mbpsの4K/60fps動画が撮影できる。

アクティブトラック、モーションラプス、3X3パノラマ撮影、ナイトショットなどの各種撮影機能も備えている。最大連続駆動時間は140分。

専用アプリ「DJI Mimo」も用意。動画編集ツールや専用フィルターが使えるほか、撮影した動画を共有する機能などを備えている。またプロモードではカメラのパラメーターを手動調整可能で、露出なども自分で決められる。RAW形式の写真はD-Cinelikeの動画も撮影できる。

本体に加えてカバーやスマホ接続用ケーブルを同梱する

オプションで充電ケースや延長ロッド、防水ケース、アクセサリーマウント、NDフィルターセット、コントロールホイール、外部マイク接続用の3.5mmアダプター、クイックリリースベースなども用意している。また、スマホとOsmo PocketをBluetoothまたはWi-Fiで接続するワイヤレスモジュールもオプションで用意している。

関連リンク

関連記事