17gの軽量さを実現

コウォン、USBメモリ一体型DAP「iAUDIO U7」。ボイスレコーダーやラジオ機能も内蔵

編集部:小野佳希
2018年11月20日
テクタイトは、COWON(コウォン)ブランドのデジタルオーディオプレーヤー“iAUDIOシリーズ”新モデルとして、USBメモリーやボイスレコーダーとしても使えるスティック型の「iAUDIO U7」を12月5日から発売する。オープン価格だが、容量32GBで本体色ゴールドの「U7-32G-GD」が9,800円前後、容量16GBで本体色ブラックの「U7-16G-BK」が7,900円前後での実売が予想される。

iAUDIO U7

FLAC/WAV/MP3/WMA/OGGファイルの再生に対応したポータブルオーディオプレーヤー。なおハイレゾ再生には対応しておらず、FLACは44.1kHz、WAVは48kHz/16bitまでに対応している。

WAV形式で録音するボイスレコーダー機能やFM/AMラジオ機能も内蔵。ラジオ機能は自動チャンネル検索機能や、お気に入りのチャンネルを登録しておけるチャンネル保存機能、FMラジオの録音機能なども装備している。

わずか17gという小型軽量さと、USBメモリー一体型でPCに直接挿すことができ音楽ファイルを始めとする各種データ転送の際にケーブルが不要な点がメリット。そのほか、区間リピート機能、Rock/Funk/Hip Hop/JAZZ/Classic/Technoの6種類のイコライザー、スリープタイマー機能なども備えている。

USBメモリーとしても使用可能

ディスプレイ部には有機ELディスプレイを搭載。本体はボタン部とキャップを含めたケースの前後を三角形の多面体構造でデザインし、眺める角度によって光の反射が変わる「Diamond Facet Design」を採用している。

関連リンク

関連記事