レコードをBluetoothスピーカーから再生

レコードプレーヤーとBluetoothスピーカーが合体する「DUO」、クラウドファンディング開始

編集部:小澤貴信
2018年11月08日
DUOは、独立したBluetoothスピーカーとレコードプレーヤーで構成される“セパレレート式レコードプレーヤー”「DUO」のクラウドファンディングを「CAMPFIRE」にて開始した。価格は33,500円(1台・早割セット・限定100台)から。

「DUO」

レコードプレーヤー部とBluetoothスピーカー部が独立しており、レコードを再生するとBluetoothスピーカーから音が鳴る仕組み。レコードプレーヤーとスピーカー部は“合体”させて設置することもできるが、Bluetoothスピーカーなので、切り離して離れたところでワイヤレス再生することもできる。単体のBluetoothスピーカーとしても利用できる。

Bluetoothスピーカー部はaptXコーデックに対応。スピーカーはステレオ仕様で、フルレンジ×2、パッシブラジエーター×2という構成となる。フル充電で約10時間の再生が可能となっている。このBluetoothスピーカーを2台同梱したプランも用意されており、スピーカー2台によるステレオ再生も可能となっている。Amazon Alexaによる音声コントロールにも対応する。

レコードプレーヤー部はベルトドライブ方式で、プラッターの直径が80mmと最小限のサイズになっている。特殊なレコードスタビライザーを搭載することで、振動を最小限に抑えることができると紹介されている。また、本機Bluetoothスピーカー以外のBluetooth対応オーディオ機器へ、レコードの音声をワイヤレス出力することも可能だ。

カラーはレモンイエロー、ジェットブラック、ヴィブラントオレンジの3色を用意している。

関連記事