500台限定

JVC、ノズル交換できるイヤホン「SOLIDEGE 01 inner」にりん青銅ノズル付属の特別モデル

編集部:平山洸太
2018年10月25日
JVCケンウッドは、JVCブランドより、ノズル交換で音質をカスタマイズできるハイレゾ対応イヤホン「SOLIDEGE 01 inner」(関連ニュース)の特別モデルとして、りん青銅ノズルを付属した「HA-FD01SP」を10月下旬に500台限定で発売する。価格はオープンだが、42,000円前後での実売が想定される。

「HA-FD01SP」

パッケージ

ベースとなる通常モデル「SOLIDEGE 01 inner(型番:HA-FD01)」は、ノズル交換で音色をカスタマイズできるハイレゾ対応イヤホン。通常モデルのHA-FD01では、チタン/ステンレス/真鍮のノズルが付属するが、今回発売されるHA-FD01SPでは加えて「りん青銅」ノズルが付属する。

なお、それ以外の点については、通常モデルと同様となる。

りん青銅/チタン/ステンレス/真鍮の4つのノズルが付属する

ボディにはフルステンレスボディを採用。高い強度を持つステンレスを採用することで、伸びのある広域と輪郭のある低域表現を実現したとしている。

またドライバーには口径11mmの「D3ドライバーユニット」を搭載。D3とはDignified(凛とした)、Distinct(明確な)、Delightful(心地よい)の頭文字で、同ドライバーによって細部までクリアな心地よいサウンドを実現するという。

ノズルが360度回転し、通常掛けと耳掛けの2つのスタイルに対応するファインアジャスト機構を備える。ケーブルはMMCX端子の着脱式グルーヴケーブルで、OFC線を使用しL/Rを分離したハイグレードケーブルを採用する。長さは1.2m。

イヤーピースには、肌に近い素材「SMP iFit」を採用した「スパイラルドット+(プラス)」が、S/MS/M/ML/Lの5ペア付属する。

再生周波数帯域は8Hz〜52kHz。インピーダンスは16Ωで、出力音圧レベルは103dB/1mW。質量は約20.0gで、イヤーピースのほかキャリングケースが付属する。

なお本製品は10月27日/28日に東京・中野で開催されるオーディオイベント「秋のヘッドホン祭り2018」にも出展する。

関連リンク

関連記事