約130gの軽量設計

パナソニック、約24時間の連続再生に対応したBluetoothヘッドホン「RP-HF410B」

編集部:平山洸太
2018年10月25日
パナソニックは、連続約24時間のワイヤレス再生に対応したBluetoothヘッドホン「RP-HF410B」を11月下旬に発売する。価格はオープンだが、6,000円前後での実売が想定される。カラーはブルーとブラックの2色。

「RP-HF410B」(ブルー)

「RP-HF410B」(ブラック)

Bluetoothのバージョンは4.1。プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP、コーデックはSBC/AACに対応する。通信距離は10m。

アコースティック・ベース・コントロール

1回の充電で約24時間の連続ワイヤレス再生(SBC時)を実現したことが特徴。これにより、片道1時間の通勤・通学でも1週間以上充電不要で使うことができると紹介している。充電時間は約2.5時間。

30mmのダイナミック型ドライバーを採用。アコースティック・ベース・コントロールにより、フィルターでドライバー前後の空気の流れを最適化、低音の再現性を向上させ、歪みが少なくキレのある低音を実現したという。

デザインは、持ち運びを考慮したコンパクト設計。約130gの軽量設計のほか、スイーベル機構/折りたたみ機構を備える。

スイーベル機構/折りたたみ機構を搭載

ハウジングにはリモコンを搭載しており、再生、選曲などの操作ができる。マイクも内蔵しており、ハンズフリー通話や音声アシスタントの使用も可能となる。

関連記事