不具合の改善も

Astell&Kern、「SP1000」などDAP3モデルにストリーミングやアプリ追加機能搭載

編集部:成藤正宣
2018年10月16日
アユートは本日、Astell&KernのDAP「A&ultima SP1000」「A&ultima SP1000M」「A&futura SE100」のファームウェアアップデートを発表。ファームウェアVer1.10の提供を開始した。

Astell&KernのDAPにファームウェアアップデートが配信

本アップデートでは、3モデル共通して音楽ストリーミングサービス「Deezer」のアプリが利用回能となる。事前に作成したDeezerアカウントでログインすることで、CDと同等の音質で音楽ストリーミングを楽しむことができる。

「SP1000」「SE100」の2モデルでは、画面上にページバックボタンを表示する「バーチャル・バック・キー」機能が追加。画面の任意の場所に表示できるページバックボタンをタッチすることで、ひとつ前の画面へ戻る操作を簡単に行うことができる。

また、アプリ追加機能の「Open APP Service」も搭載される。これは特定の音楽ストリーミングアプリをPC経由で追加することができるというもので、「SP1000M」に発売時から搭載されているものと同じ機能となる。なお、使用方法についての詳細は、10月16日現在、Astell&Kernグローバルサイトにのみ掲載されている。

SP1000Mと同等の機能が他のモデルにも追加

その他、SP1000とSE100では安定性の改善が実施。SP1000Mでも、Groovers+アプリが特定の状況下で韓国語表記になる不具合や、安定性の改善が行われている。

関連記事