最新ファームウェアを提供開始

オンキヨーとパイオニアのDAPがaptX HDに対応。CDレコからの取り込みも可能に

編集部:押野 由宇
2018年09月05日
オンキヨー&パイオニア(株)は、オンキヨーブランドのデジタルオーディオプレーヤー “rubato” 「DP-S1A」「DP-S1」およびパイオニアブランドの “private” 「XDP-20」「XDP-30R」にて、新機能に対応するファームウェアアップデートを実施。Qualcommの「aptX HD」コーデック対応などを実現した。

「DP-S1A」

「XDP-20」

そのほかアイ・オー・データ機器製スマートフォン用CDレコーダー「CDレコ」で直接オーディオプレーヤーに取り込む機能に加え、「リプレイゲイン」機能などが追加される。すでにイベントなどで先行公開されてきた最新ファームウェアが正式に提供開始された格好だ(関連記事)。

新機能として、Bluetoothで音源を最大48kHz/24bitで伝送可能なaptX HDに対応。同じくaptX HD対応のBluetoothヘッドホン/スピーカーなどと接続することで、より高音質なワイヤレス再生が実現できるとアピールされている。

楽曲ごとの音量バランスを、音質の劣化無しに基準値に統一させるという「リプレイゲイン」も搭載。プレイリスト再生やシャッフル機能など音量バランスが異なる楽曲を再生する際に活用できる機能となっている。

そのほか、“楽曲情報(メタデータ)なしの楽曲ファイル” に対し、本体データベース上でアルバムアートとアーティスト名・アルバム名を表示する仕様や、画面OFF時のボリューム・サイドキー動作設定を新規追加。さらに、Music再生トップ階層のソート表示に “並べ替え”機能が追加された。ホールド時のサイドキー動作のバグ修正(XDP-20のみ)、その他動作安定なども実施される。

CDレコと直接接続することで、パソコンを介することなく、Gracenoteからの楽曲情報を含め自動で音源データを取り込むことができる。なお今回CDレコとの接続に対応するDAPは「DP-S1A」「XDP-20」となる。

関連記事