防水性能はIPX5に準拠

JBL初の“振動アラート”機能搭載、心拍数が計測できるBTイヤホン「REFLECT FIT」

編集部:押野 由宇
2018年04月06日
ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱う JBLブランドより、 心拍数の計測が可能なネックバンド式スポーツイヤホン「REFLECT FIT」を、4月20日から発売する。価格はオープンだが、公式通販サイトでの販売価格は17,880円(税抜)。カラーはブラック、 ブルー、 レッドを用意する。

「REFLECT FIT」(ブラック)

REFLECT FITは、 JBLが展開する「REFLECT」シリーズに新たにラインナップされたネックバンドタイプのBluetoothイヤホン。シリーズ名の由来となる“反射材(リフレクター)”をケーブルに施し、 夜間のランニングやウォーキング時の安全性に考慮されているのが特徴となる。

「REFLECT FIT」(ブルー)

「REFLECT FIT」(レッド)

ネックバンドは 軽量かつソフトなマテリアルの採用により、激しい運動でもずれにくく、長時間の使用でも疲れにくいフィット感を実現。またネックバンドタイプは、体や衣服に触れることで生じるタッチノイズを軽減するので、ノイズを気にすることなく、快適に運動に集中することができるとしている。

ネックバンド部

本モデルではシリーズで初めて心拍数の計測機能を搭載。ネックバンド部分のボタンを操作することで心拍数の計測ができるため、ランニングやトレーニング中もリアルタイムで心拍数を把握することができる。さらに各種フィットネスアプリと連携し、アプリ上で心拍数とワークアウトデータの同期ができ、 心拍数を手軽にチェックしながらトレーニングを行うことが可能となっている。

装着イメージ

イヤホンはIPX5防水機能に対応。雨の日の着用のほか、 激しい運動中に汗をかいても耐えられる仕様となる。ほか、ネックバンドには、 マイク付操作ボタンを搭載し、音量調整や曲の操作、ハンズフリー通話にも対応。

加えてJBL初の “振動アラート” 機能により、 スマートフォンと接続中に着信があった場合には、 ネックバンドがスマートホンと連動して振動する。

BluetoothはVer4.2でSBCコーデックに対応し、接続時間は最大約10時間のワイヤレス再生なほか、急速充電機能により約15分の充電で最大約1時間の音楽再生が可能。

5.8mmドライバーを搭載し、周波数特性は10Hz〜22kHzに対応。S/M/L 3サイズのイヤチップおよびスタビライザーを付属する。本体質量は約37g。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJBL
  • 型番REFLECT FIT
  • 発売日2018年4月20日
  • 価格¥OPEN(直販サイト販売価格17,880円)
●Bluetooth:4.2、SBC対応 ●ドライバー:5.8mmドライバー ●周波数特性:10Hz〜22kHz ●質量:約37g

関連記事