今後のアップデートで「テーマ機能」も追加予定

ソニーの電子ペーパー搭載学習リモコン「HUIS」、AI活用のリモコン自動作成機能を追加

編集部:小野佳希
2018年10月11日
ソニーは、電子ペーパーによってユーザーが必要なボタンを自由にカスタマイズできる学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER(ハウスリモートコントローラー)」をアップデート。AIを活用してユーザーに最適なリモコンを自動作成する機能を追加する最新ファームウェアを提供開始した。


これまでもリモコン自動作成機能は存在していたが、今回はソニーのディープラーニング技術「Neural Network Libraries」を活用。ユーザーの使用履歴などから、そのユーザーが必要とするボタンをAIが判断し、その人にあったボタンレイアウトを提案する。使い込んで履歴データがたまっていくほど最適なリモコンを自動作成できることになり、ソニーでは「HUISにとって過去最大のアップデートだ」としている。

実際には、ある程度の使用履歴データがたまるとリモコン画面右上に「NEW」マークが出現。このマークをタップするとAIがリモコン画面を自動作成し、ユーザーに提案してくれる。もちろんその提案をもとにユーザーがさらにレイアウトをカスタマイズするなどといったことも可能。

使用履歴データがたまって自動作成画面が作成されると画面右上に「NEW」アイコンが表示される

これに加え、扇風機や照明のプリセット信号も追加。操作できる家電の対応メーカーが増えた。

さらに、今後のアップデートで「テーマ機能」も追加予定。公式サイトからダウンロードできる“テーマファイル”をHUIS本体に保存することで、手軽にリモコンの見た目を変更できるようになる。例えばハロウィンやクリスマスなど季節イベントなどにあわせたテーマファイルの提供を想定しているという。

関連リンク

関連記事