維持費とあわせ30万円

ソニー新「aibo」予約販売分は即日完売、次回販売は未定

編集部:風間雄介
2017年11月02日
ソニーが11月1日に発表した犬型エンタテインメントロボット「aibo」。同日午後11時1分から予約受付を開始したが、早々に当日分の予約販売分が完売した。

新「aibo」

aibo公式ストアでは、「11月1日予約販売分は完売しました 次回の販売再開時期は未定です 本サイトにて改めてご案内いたします」と表記されている。なお、新aiboの発売は2018年1月11日となっている。

aiboは本体価格が198,000円(税抜)で、それに加えてaiboベーシックプランに3年間加入することが必須条件。aiboベーシックプランの一括価格は9万円(税抜)。本体価格とあわせて、最低でも30万円程度が必要になる。

なおaiboについては、こちらの記事でくわしく紹介している。

以前のaiboに比べ、より丸みを帯びたフォルムとなった。サイズは約180×293×305Dmm、質量は約2.2kg。超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせた。瞳には2枚のOLEDを採用し、様々な表情を演出できるようにした。またAIや機械学習を駆使し、能動的にユーザーへ働きかける点も以前のaiboとの大きな違いだ。

関連リンク

関連記事