最新ファームウェアの提供を開始

ソニー、テレビ視聴PCアプリ「PC TV Plus」にニコニコ実況表示や番組編集機能を追加

編集部:小野佳希
2018年10月04日
ソニーは、nasneやBDレコーダーと組み合わせてテレビ番組をパソコンで視聴したり録画したりできるアプリ「PC TV Plus」をアップデート。ニコニコ実況表示や番組の編集機能を追加した最新ファームウェア「Ver.3.7」の提供を開始した。


アップデートにより、録画番組再生時のニコニコ実況表示に対応。また、パソコンにダビングした番組の編集機能を追加し、再生時のチャプターやお気に入り区間などを編集できるようになった。チャプターはブルーレイディスク、DVD、SeeQVault対応機器に書き出すことができる。

そのほか、動作確認済み機器にiVDR-S アダプターRHDM-UT/TEシリーズを追加した。

PC TV Plusは有料アプリで、PC1台用が3,000円、PC2台用が5,400円、PC3台用が7,200円(いずれも税抜)。14日間の無料体験版も用意されている。

関連リンク

関連記事