大画面サイネージ用途などを想定

フジフイルム、プロジェクター市場に参入。世界初の二軸回転機構レンズ式機を2019年発売へ

編集部:小野佳希
2018年09月26日
富士フイルムは、世界で初めて本体を動かさずにレンズの回転だけでさまざまな方向へ投写ができるプロジェクターを開発。2019年に本製品を発売し、プロジェクター市場へ新規参入すると発表した。

縦置き・横置きの両方に対応

同社製フジノンレンズの光学技術を活かして新たに設計した、世界初の「二軸回転機構レンズ」を搭載。レンズを上下、前後、左右の向きに切り替えることができるため、本体を動かさずにさまざまな方向へ投写することが可能。壁やスクリーンのみならず、天井や床などにも映像を映し出すことができるほか、映像の向きを縦と横に簡単に切り替えることもできる。

超短焦点レンズとレーザー光源を搭載し、75cmの至近距離から100インチの大画面投写が可能。縦置き・横置きの両方に対応しているため、利用環境にあわせて設置方法を選べることも特徴だとしている。

横置きの場合では0.18m2、縦置きの場合ではわずか0.05m2の設置スペースで済むコンパクト設計を実現。レンズ収納時にはレンズとプロジェクター本体が長方形に収まるデザインを実現している。

同社では、本製品を店舗での大画面デジタルサイネージ、美術館・博物館での作品展示の空間演出などの用途に活用することを想定。「設置スペースが限られた場所での投写や、天井や床などのスペースを有効活用した投写に最適だ」とアピールしている。

関連記事