スポーツイヤホン「M6 2ND GENERATION」も

MEE audio、送受信両対応のBluetoothトランスミッター「Connect Hub」

編集部:平山洸太
2018年09月14日
(株)宮地商会M.I.D. はMEE audioの新製品として、Bluetoothトランスミッター&レシーバー「Connect Hub」と、スポーツイヤホン「M6 2ND GENERATION」を9月21日に発売する。価格はオープンだが、Connect Hubは10,800円前後、M6 2ND GENERATIONは2,160円前後での実売が想定される。

「Connect Hub」

「M6 2ND GENERATION」

Connect Hubは、Bluetoothワイヤレス送受信機。「Connect」の上位機種としての位置づけで、ConnectがBluetooth送信のみの対応だったのに対し、本機ではスマートフォンなど外部機器からのBluetooth受信にも対応する。

オーディオパススルー接続可能であるため、サウンドバーやスピーカーシステムを使いながらBluetooth通信が可能。同社では、テレビやホームシアター等のシステムに追加することができる点をメリットだとしている。

Bluetoothは、Qualcommの「aptX Low Latency」低遅延技術をサポートし、最大40ミリ秒未満の低遅延でステレオサウンドを送受信できる(aptX Low Latency対応のヘッドホン/スピーカー等での受信が必要)。

Bluetoothのバージョンはver4.2で、サポート形式はA2DP、対応コーデックはSBC、aptX、aptX Low Latencyとなり、最大約30mでの通信可能範囲をもつ。送信/受信ともに、ヘッドホンやスピーカーなどを、2台同時にaptX Low Latency接続しての使用も可能。

2台同時接続に対応

ボリュームブーストを搭載するほか、それぞれの接続状態がすぐにわかるインジケーターを搭載する。

背面

外形寸法は96W×81H×25Dmm、質量は79g。入力は3.5mmアナログとS/PDIFに対応し、付属品はS/PDIF デジタルケーブル、3.5mmステレオミニケーブル、RCA-3.5mmステレオミニケーブルが付属する。

M6 2ND GENERATIONは、現行機種であるスポーツイヤホンのエントリーモデル「M6」を再設計し音質を向上させたモデル。カラーはブラックとクリアの2色。

クリア

ブラック

また耳にフィットする高遮音性インイヤーデザインを採用したほか、ケーブルにはフレックスワイヤーフックを設け、耳にフィットし、どんなアクティビティおいても安心できる装着性を目指した。

ドライバーには9mmのダイナミックドライバーを使用。スポーツ向けにチューニングが行われ、エンハンスされた低音域とクリアなサウンドを再生するという。

また防水基準のIPX5に対応し、汗などの水気にも強い設計とした。

再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは16Ω。感度は98±3dBで、ケーブルは1.3mの3.5mmコネクター、質量は20g。付属品として、イヤーピース(6ペア)、シャツクリップ、専用キャリングケースが付属する。

付属するイヤーピース

関連記事