折りたたみ機構&約190gと軽量で持ち運びにも便利

オーディオテクニカ、最大70時間のワイヤレス再生が可能なBluetoothヘッドホン「ATH-SR30BT」

PHILE WEB編集部
2018年09月12日
オーディオテクニカは、“Sound Realityシリーズ”新製品として、最大70時間のワイヤレス再生が可能なBluetoothヘッドホン「ATH-SR30BT」を11月9日に発売する。価格はオープンだが、13,000円前後での実売が想定される。

「ATH-SR30BT」

ATH-SR30BTは、1回の充電で最大約70時間のワイヤレス再生が可能なBluetoothヘッドホン。充電は約4時間で、同社では「1日2時間程度の使用であれば、およそ1ヶ月充電不要で使い続けられる。ケーブルや充電といった煩わしさを感じにくく、普段使いに最適」とアピールしている。

発表会にて展示されたカラーバリエーション

約70時間ものスタミナを誇るバッテリーを内蔵。充電の煩わしさを感じること無く使用できるという

内部にはΦ40mm ダイナミックドライバーを搭載。不要な低域成分を抑制する「アコースティックレジスター」により、より洗練された中高域再生を可能にしたとのこと。また、音響スペースと電気回路スペースを分けたアイソレーション設計を施し、これによりクリアなサウンドを実現するという。

本体はアラウンドイヤー型で、質量は約190gと軽量設計。またスイーベル、折りたたみ機構も搭載するため、快適な装着感とポータビリティにも優れるとしている。カラーバリエーションはブラック/ブルー/グレー/ピンクの4色。

折りたたみ、スイーベル機構によりポータビリティを確保

BluetoothはVer.5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはAAC/SBCに対応する。

充電用端子にはmicroUSBを装備。付属品に充電用USBケーブルを用意する。再生周波数帯域は5Hz〜35kHz、出力音圧レベルは99dB/mW、インピーダンスは32Ω。

関連記事