電力効率高め機械学習も強化

ARM、4K対応強化したビデオプロセッサーやGPUなど「Mali」新シリーズ。普及帯スマホやテレビ向け

編集部:小澤貴信
2018年03月06日
英ARMは、ビデオプロセッサー、ディスプレイプロセッサー、グラフィックスプロセッサーをパッケージしたソリューション「Maliマルチメディア・スイート」を発表した。

Maliマルチメディア・スイートは、グラフィックプロセッサー「Mali-G52/Mali-G31 GPU」、ディスプレイプロセッサー「Mali-D51」、ビデオプロセッサー「Mali-V52」で構成されている。高度なグラフィック性能、最新のアプリや機能への対応、そして機械学習(ML)への対応を、普及価格帯やエントリー価格帯のスマートフォン、テレビなどで実現することを目的としたパッケージとなる。

Mali-G52は、従来モデル「Mali-G51」の技術をベースに、より複雑なグラフィックスに対応したとのこと。結果、普及機種のスマートフォンやテレビの消費電力と帯域幅の制約の中でも、より多くのML機能を実現できるという。

また前世代モデルの4パイプラインに対し、最大8つのパイプラインを持つ演算エンジンを活用することで、同じ実装面積で性能効率を30%向上させた。電力効率も15%向上したほか、MLも従来比で3.6倍のパフォーマンスを実現したという。

Mali-G31 GPUは、OpenGL ES 3.2と最新世代のVulkan APIをサポートする同社の最小GPU。従来のMali-G51との比較で20%の小型化と20%の性能効率向上を実現したという。

Mali-D51は、2017年11月に発表しされたプレミアムクラスのディスプレイプロセッサー「Mali-D71」のメリットの多くを継承しつつ、同社史上最小サイズを実現した。従来比でシステム全体の消費電力を30%削減したこと、Mali-D71のフルレイヤー8つのサポート、メモリーのレイテンシーを50%改善したことも特徴とする。また、Maliマルチメディア・スイートの他IPともシームレスに連携できるよう最適化が施されている。

Mali-V52は効率的な4K/60pコンテンツの再生を目指して開発されたビデオプロセッサー。従来比較でアップロード品質を20%向上させ、よりクリアで鮮明な映像を実現したほか、実装面積の38%小型化、デコード性能を2倍とするなどの特徴を備えている。

関連記事