パッシブフィルターやケーブルも進化

Noble Audio、ダイナミックドライバー搭載イヤホン第2弾「EDC Bell」。真鍮筐体を採用

編集部:川田菜月
2018年07月13日
エミライは、同社の取り扱うNoble Audioより、“EDCシリーズ”の真鍮筐体を採用したダイナミック型イヤホン「EDC Bell」を発表。発売時期は2018年夏頃、価格は2万円台を予定している。

真鍮筐体採用のダイナミック型イヤホン「EDC Bell」

Noble Audioは、ジョン・モールトン氏によって2013年に立ち上げられたイヤホンブランドで、オーディオロジストの有資格者である同氏が、聴覚学に基づくノウハウを生かした製品作りを行っているという。

Noble Audioのジョン・モールトン氏

EDCシリーズは、Noble Audioのシグネチャーサウンドをより身近に楽しんでもらいたいというコンセプトの元、同ブランドの中でも価格を抑えた製品を展開する。またEDCは“Everyday Carry”の略で、耐久性や小型で使いやすいという点も重視しているという。

Bellはシリーズ第2弾となるイヤホン。従来モデル「EDC Velvet」(関連ニュース)がアジア市場を中心に好評を得たことから、Velvetで採用したデンマーク製φ5.8mmダイナミックドライバーの特性をより生かして、過渡特性を高めた上位モデルとして開発されたという。

従来モデル「EDC Velvet」(左)から、さらにドライバーの特性を生かした上位機としてBellを開発

ハウジングには真鍮を採用。ノズル部分まで全て真鍮を採用している。デザインは女性にも使用しやすいように意識して設計したとのこと。形状のイメージは「鐘」で、名前の由来にもなっている。またPVDコーティングを採用し、強度を高めつつ外観上もツヤのある美しく仕上げとした。

コーティングにより色合いが異なっているが、ノズル部分まで全て真鍮を採用しているという

名前の由来でもある「鐘」をイメージした形状

なお、Noble AudioはこれまでBA型ドライバー搭載モデルをメインにラインナップしてきた。EDCシリーズで新たにダイナミック型ドライバーを採用した理由は、低音の再現性においてスピーカーのようなダイナミクスを実現できる点と、BA型よりも以前から一般的に用いられているドライバーとして技術的にも成熟していることから、コストと性能の両面で最適と判断したため。今後、BA型と組み合わせたハイブリッドイヤホンも、ニーズがあれば検討したいとのこと。

搭載するφ5.8mmダイナミック型ドライバーは、低域のリニアリティ向上を図り、エッジ部のストロークを動きやすくしたという特殊なダンパー構造が特徴で、より多くの空気を動かすことができるという。

これにより、小型ながら大口径10mm以上のドライバーにも匹敵するという量感ある低域を実現。また小口径のため元々のドライバー質量が軽く、結果としてダイヤフラムに高価な素材などを使用しなくても、同等の性能を発揮できるとしている。

ドライバーの特殊構造について、スピーカーのウーファーユニット口径を例に挙げて、低域の量のコントロールについて説明するジョン氏

他にも従来のVelvetと異なる点として、アコースティックチューニングのためのパッシブ・フィルター素材を変更。この点はドライバーと同様に重要な要素にあたり、技術の詳細は非公表とのことだが、大きさや配置まで変更しており、Bellではより伸びやかな高域を実現するとのこと。

ドライバーは従来同様のφ5.8mmダイナミック型を採用しながら、幾つかの変更を加える事で音質向上を図っている

ケーブルにはTinselワイヤーを使用。中央にケブラー素材、周囲を銀メッキ高純度銅のリボン導体で構成し、非常に強度が高い点が特徴とのこと。リボン導体はスパイラル上になっているが、ケーブル開発チームと検証を重ねてインダクタンスは出ないように調整されているという。なお、Velvetではリモコン付リッツワイヤーケーブルを採用していたが、Bellではリモコンは非搭載となる。

ケーブルも高強度のTinselワイヤーを使用。ケーブル分岐点にロゴマークがあしらわれている

周波数特性は20Hz - 20kHz、インピーダンスは35Ω以下。本製品は今週末7月14日(土)15日(日)開催の「ポタフェス2018 東京・秋葉原」にて出展予定。同社ブースにて試聴することができる。

関連リンク

関連記事