モバイルバッテリーとしても使用できる

サンワサプライ、輝度400ルーメンのUSB Type-Cモバイルプロジェクター

編集部:成藤正宣
2018年06月28日
サンワサプライは、HDMIまたはUSB Type-C端子から映像を入力・投映が可能なモバイルプロジェクター「400-PRJ024」を、直販サイト「サンワダイレクト」にて本日6月28日より発売した。価格は64,800円(税込)。

「400-PRJ024」

6,500mAhのバッテリーを内蔵し、最長2時間の連続が可能なモバイルプロジェクター。投映は色彩に優れるDLP方式で、解像度は1,280×720。輝度は400ルーメンで「モバイルタイプとしては最高クラスの明るさ」を謳う。

モバイルプロジェクターとしては最高クラスの輝度を謳う

入力はUSB Type-CまたはHDMIケーブルどちらか1本で行う。本体上部の「オートフォーカスボタン」を押すことで、フォーカス調整と台形補正を同時に行う。投映距離は約0.3〜3mまで、画面サイズは60〜120インチまで対応する。

USB Type-Cでの入力が可能

音声は本体内部のスピーカーまたはヘッドホン端子から出力。また、内蔵バッテリーの電力はスマートフォンなどへの充電に使うこともでき、1A出力のモバイルバッテリーとしても動作する。

背面

内蔵光源はLEDで、寿命は約20,000時間。コントラストは5,000:1。外形寸法は約169W×28H×106Dmm、質量は約470g。

関連記事