リッピングドライブとしても最適

ラトック、産業用光学ドライブを採用し制振性強化したUSB DVDドライブ

編集部:成藤正宣 (Masanori Narifuji)
2018年06月19日
ラトックシステムは、ALMEDIO(アルメディオ)社の産業用光学ドライブを制振ケースに収め、安定性を高めたUSB DVD-RWドライブ「RP-EC5-U3AUIW56」を本日より発売する。直販価格は34,800円(税込/送料込)。

「RP-EC5-U3AUIW56」

同社が販売する制振仕様の外付け光学ドライブケース「RP-EC5-AI」に、ALMEDIO社の産業用DVD-RWドライブ「DV-W5600S」を装着したセット商品。DV-W5600Sは長時間の安定動作性が求められるビジネス環境向けに供給されている光学ドライブ。CDリッピング用途でも安定した性能を発揮するとしている。なおALMEDIOは、2014年7月にティアックから光ドライブ事業を譲り受けた企業。

外装となるRP-EC5-AIは、比重の大きなFe1.6t鋼板と防振ウレタンエラストマー「セルダンパー」を採用し、また装着したドライブの重心が低くなるよう設計することで光学ドライブ動作時の振動を減衰。ドライブ自身の振動によるパフォーマンス低下を防止し、本来の性能を発揮できるため、リッピングドライブとしても最適としている。

読み取り可能メディアはDVD-ROM(最大16倍速)、DVD±RW(最大13倍速)、DVD-RAM(最大5倍速)、CD-ROM(最大20倍速)、CD-DA(最大40倍速)、CD-RW(最大40倍速)、CD-R(最大40倍速)。

書き込み可能メディアはDVD±RW(最大4倍速)、DVD-RAM(最大5倍速)、DVD±R DL(最大8倍速)、DVD±R(最大24倍速)、CD-RW(最大24倍速)、CD-R(最大48倍速)。

PCとの接続方式はUSB 3.0。動作確認済みのOSはWindows 10/8.1/8/7で、32/64bitどちらにも対応する。

関連記事