48.5型もラインナップ

Acer、54.6型で10万円の4K/HDR液晶ワイドモニター「EB550Kbmiiipx」

編集部:押野 由宇
2018年06月19日
日本エイサーは、4Kモニター “EB0” シリーズから54.6型ワイドディスプレイの「EB550Kbmiiipx」および48.5型ワイドディスプレイの「EB490QKbmiiipfx」を発売する。

・「EB550Kbmiiipx」 ¥OPEN(予想実売価格100,000円前後) 6月21日発売
・「EB490QKbmiiipfx」 ¥OPEN(予想実売価格70,000円前後) 6月28日発売

EB550Kbmiiipx

4K高精細パネルを採用した大型モニターで、視野角による色変化の少ないIPS 方式パネルを搭載。4Kテレビ放送の視聴に必要なHDCP2.2対応のHDMI2.0端子のほか、HDMI1.4端子、DisplayPort 1.2などの入力端子を搭載しており、テレビ視聴やゲームプレイなど、さまざまな用途に使用できる。

EB490QKbmiiipfx

画素を鮮やかな映像に映るように補正するという、「スーパーシャープネス・テクノロジー」を搭載。通常、4Kパネルで解像度の低い映像を表示すると画素が粗く、全体的にぼやけてしまうが、同機能をオンにすることで画素を自動的に補正して自然で鮮明な映像を映し出すとしている。

HDR 10に対応しており、明るい部分と暗い部分どちらの階調もくっきりと、より自然で深みのある映像表示が可能とする。輝度は300cd/m2(白色LED)、コントラスト比は最大100,000,000:1(ACM)、通常1,200:14。応答速度は4ms(GTG)。

メイン画面内にサブ画面を表示するピクチャー・イン・ピクチャー、画面を左右均等に分けて表示するピクチャー・バイ・ピクチャーといった同時表示機能を搭載。2つの画面を1台のモニター画面に表示することができる。

本体には5W+5Wのステレオスピーカーを搭載し、広い空間でも迫力のある鮮明な音質を再現し、臨場感あふれる音声を実現したとしている。

またフリッカーレス・テクノロジーを採用すると共に、ブルーライトを軽減する機能を搭載。目の疲れや肩こり、不快感、頭痛といった症状を引き起こす要因を排除している。

入力端子は両モデル共通でミニD-Sub 15ピン×1、HDMI 2.0×1(HDCP2.2対応)、HDMI 1.4×2、DisplayPort v1.2×1、音声出力端子に3.5mmステレオミニジャックを1系統備える。外形寸法/質量は、EB550Kbmiiipxが1241.6W×779.7H×237.4Dmm/14.4kg、EB490QKbmiiipfxが1108.5W×700.4H×237.4Dmm/12.1kg。
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドacer
  • 型番EB550Kbmiiipx
  • 発売日2018年6月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
●パネル:IPS ●解像度:4K ●入力端子:ミニD-Sub 15ピン×1、HDMI 2.0×1(HDCP2.2対応)、HDMI 1.4×2、DisplayPort v1.2×1 ●音声出力端子:3.5mmステレオミニジャック×1 ●外形寸法:1241.6W×779.7H×237.4Dmm ●質量:14.4kg
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドacer
  • 型番EB490QKbmiiipfx
  • 発売日2018年6月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
●パネル:IPS ●解像度:4K ●入力端子:ミニD-Sub 15ピン×1、HDMI 2.0×1(HDCP2.2対応)、HDMI 1.4×2、DisplayPort v1.2×1 ●音声出力端子:3.5mmステレオミニジャック×1 ●外形寸法:1108.5W×700.4H×237.4Dmm ●質量:12.1kg

関連記事