最上位「A&Ultima」と合わせて3つの製品ラインを展開

Astell&Kern、新プロダクトライン「A&futura/A&norma」からポータブルプレーヤー『SE100』『SR15』を発表

編集部:川田菜月
2018年05月10日
IRIVERは、5月10日から独・ミュンヘンで開催されている「High End MUNICH 2018」にて、Astell&Kernプレーヤーの新プロダクトラインとして、「A&futura(エーアンドフューチュラ)」「A&norma(エーアンドノーマ)」を発表。ポータブルプレーヤーの新製品として『SE100』『SR15』も同時に発表した。

同社ポータブルオーディオプレーヤーの最上位ラインである「A&Ultima」と合わせて、A&futuraはプレミアムライン、A&normaはスタンダードラインと位置づけ、今後は3つのプロダクトラインとして展開していく予定とのこと。

両プロダクトラインの最初の製品として、A&futura『SE100』とA&norma『SR15』も同時に発表。

A&futura『SE100』

A&norma『SR15』

『SE100』は、Octa-core CPUと、ESS Technology社 プロフェッショナル・グレードの8ch DAC「ES9038PRO」を搭載したポータブルプレーヤーで、最大384kHz/32bitまでのPCM再生、またQuad DSDのネイティブ再生が可能。ディスプレイは5インチタッチスクリーンを採用し、内蔵ストレージは128GB、約10時間の音楽再生が可能とのこと。ボディ素材はアルミニウム合金。

『SR15』は、Quad-core CPUと、Cirrus Logic 社のMaster HIFI搭載のDACチップ「CS43198」をデュアルで搭載するポータブルプレーヤー。スタンダードラインながら、過去のフラッグシップ機の性能・機能をするという。PCMは最大192kHz/24bitまで、単一定格のDSDはネイティブ再生が可能。外観はAK70シリーズと似ているとのことで、こちらもアルミニウム合金を採用する。

その他各製品の詳細、および日本での展開については、決定次第改めて案内されるとのこと。

関連記事