Amazon Alexa/Googleアシスタント両対応

アプリックス、「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」を提供

編集部:川田菜月
2018年05月08日
(株)アプリックスは、スマートスピーカーを用いて日本語の音声で家電を操作するための、Amazon Alexa/Googleアシスタント両対応の「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」を本日5月8日から提供開始した。

「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」は、コンサルティング、開発支援や開発受託、IoTモジュールの提供などを通じて、ユーザーの家電をスマートスピーカーで操作できるようにするもので、Amazon Alexa/Googleアシスタントの両方に対応する。対応言語は現時点では日本語と英語となる。

「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」のイメージ図

本サービスでは、AIアシスタントとの連携/アプリックスのクラウドサービス/IoTモジュール/スマホアプリの4つを提供。家電のAIアシスタント対応に必要なものをまとめてワンストップで提供することで、開発期間の短縮や費用の削減が可能としている。なお、その他のコンサルティングや各種テスト、販売後の運用・保守などもアプリックス側で対応することもできる。

また、アドオンプログラム「Alexaスキル」や「Assistant App」の開発のみといった案件や、IoTモジュールを必要としないWebサービスのAIアシスタント対応、同社製以外のIoTモジュールを使う家電開発など、カスタマイズや家電以外への対応も可能とのこと。

同社はIoTモジュールやスマホアプリ、クラウドサービス等のIoT製品向けソリューションの開発を行っており、2017年6月には「Amazon Alexa 対応家電向けIoTソリューション」を提供開始。その他、米Guardian Technologies LLC製空気清浄機に対しAmazon Alexa/Google アシスタント対応をするなどの実績を持っている。

今回、AIアシスタント対応に必要なソリューション展開と、Amazon Alexa/Googleアシスタント両対応という強みを活かし、スマートスピーカーを用いたサービスとして、国内家電メーカーなどに積極的に提案していく予定としている。

関連記事