価格は15,000円から

JBL初のスマートスピーカー「LINK10/20」日本で年内発売。Googleアシスタント対応、ポータブル型

編集部:風間雄介
2017年10月05日
ハーマンインターナショナル(株)は、JBLのスマートスピーカー「LINK 10」「LINK 20」を2017年中に日本で発売すると発表した。

JBL LINK 20

IFAで発表された製品の国内展開がアナウンスされた格好。IFA会場で行われた動画デモはこちらでご覧頂ける。

ともにオープン価格だが、「LINK 10」は15,000円前後、「LINK 20」は20,000円前後での販売が予想される。本体カラーはともにブラックとホワイト。

左:LINK 10 右:LINK 20

本日Googleがスマートスピーカー「Google Home」の日本発売をアナウンスしたが、LINK10とLINK 20も音声アシスタント「Googleアシスタント」に対応しており、「OK Google」というトリガーワードで語りかけてから、音声で様々な操作を行うことが可能だ。

たとえば天気やレシピを調べたり、Google Play MusicやSpotifyの再生指示を行うことができる。本体は円筒形で、本体の周り360度どこからでも音声操作できる。

本体上部にGoogleアシスタントのマークが見える

Google Homeが外部電源を必要とするのに対して、本機はリチウムイオン充電池を搭載し、ポータブルで使用できるのが大きな特徴。屋外でもネット環境があればGoogleアシスタントを利用できる。さらにIPX7の防水性能も備えている。

なおLINK 10は約5時間、LINK 20は約10時間のワイヤレス音楽再生が行える。両機とも充電用USBケーブルを同梱する。またLINK 20にはUSB対応のAC電源アダプターも付属する。

通信はWi-FiとBluetoothに対応している。Chromecast built-in搭載のため、スマホなどのデバイスからWi-Fi経由で音楽再生を行うことが可能。この際は最高96kHz/24bitの再生が行える。もちろんBluetoothスピーカーとして使用することもできる。Bluetoothのバージョンは4.2。

LINK 10は45mm径、LINK 20は50mm径のフルレンジスピーカーを搭載している。最大出力はLINK 10が8W×2、LINK 20が10W×2。周波数特性はともに65Hz〜20kHzとなる。

外形寸法と質量は、LINK 10が86W×169H×86Dmmで約710g、LINK 20が93W×210H×93Dmm。

関連記事