「新作ドラマ・アニメガイド」など新機能も

ソニー初のUHD BDレコーダー「BDZ-FT3000」など。約6万円からの6モデル

編集部:小野佳希
2018年04月23日
ソニーは、同社レコーダーとして初めてUltra HD Blu-ray再生に対応し、1週間以上先の番組も録画予約できる新機能「新作ドラマ・アニメガイド」も備えるUHD BDレコーダー「BDZ-FT3000/2000/1000」「BDZ-FW2000/1000/500」の計6モデルを5月26日に発売する。

BDZ-FT3000

・BDZ-FT3000(3チューナー/3TB)¥OPEN(予想実売価格110,000円前後)
・BDZ-FT2000(3チューナー/2TB)¥OPEN(予想実売価格90,000円前後)
・BDZ-FT1000(3チューナー/1TB)¥OPEN(予想実売価格75,000円前後)
・BDZ-FW2000(2チューナー/2TB)¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
・BDZ-FW1000(2チューナー/1TB)¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)
・BDZ-FW500(2チューナー/500GB)¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)

同社ブルーレイレコーダー初のUHD BD再生対応モデル。テレビ “BRAVIA” やビデオカメラ “Hancycam” など同社製4K対応製品との連携機能も備えるほか、1週間以上先の番組も録画予約できる新機能「新作ドラマ・アニメガイド」を搭載するなど機能強化を図っている。

背面端子部

各モデルの違いはチューナー数と内蔵HDD容量のみで、そのほかのスペックはすべて同等。トリプルチューナー、ダブルチューナーそれぞれに容量違いの3モデルで合計6モデルを展開する。

ブラビアとの連携においては「4Kブラビアモード」が進化。新たに4K有機ELモデルも同モードの対象に加えた。

本機のリモコン

4Kハンディカムとの連携にでは、ハンディカムで撮影したデータの取り込みに際して「続き取込み(差分取込み)」に対応。ハンディカムの本体/メモリーカード内のデータについて、まだレコーダーに取り込んでいないコンテンツのみを判別して取り込むことができるようになった。

加えて、ハンディカムで撮影した4Kコンテンツのサムネイル表示、およびファイル連続再生にも新たに対応。また、MP4形式で4Kコンテンツを保存したBD-Rなどの100Mbps再生にも対応する。さらに、撮影した4Kコンテンツを2KへダウンコンバートしてBDフォーマットでディスク書き込みも可能になった。100Mbpsの4K BD再生および2K変換保存が可能なのはソニーのレコーダーだけだという。

「新作ドラマ・アニメガイド」は、インターネットに接続しておくことで新作のドラマおよびアニメを最長1ヶ月前から先行予約できるという機能。一般的にEPGからの録画予約は1週間先までが限界だが、本機能では前述のように1ヶ月前から録画を予約しておける。同社では『ソニーは「先録(サキロク」』というキーワードで新モデルをアピールしていく。

HDMI端子は映像信号用と音声信号用のものを独立して用意。そのほか初期設定のステップ数も従来モデルから削減するなど使い勝手にも配慮している。

そのほか本日4月23日〜7月31日18時まで、同社UHD BDプレーヤー/レコーダー購入者を対象にしたキャンペーンも実施。今回の6モデルおよび同時発表のUHD BDプレーヤー「UBP-X700」、そしてUHD BDプレーヤー2017年モデル「UBP-X800」の購入者から抽選で1,000名に、「ブレードランナー2049」のUHD BDソフトをプレゼントする。

関連リンク

関連記事