「QuickPlay」機能も搭載

CHORD「Poly」のWi-Fi設定などが簡単にできるiOSアプリ「Gofigure」リリース

編集部:小澤貴信
2018年04月13日
英Chord Electronicsは、ポータブルDAC/ヘッドホンアンプ「Mojo」専用のモジュール「Poly」の設定を行うためのiOSアプリ「Gofigure」の配信を開始した。MojoやPolyなどCHORDのポータブル製品を取り扱うアユートがアナウンスした。

Gofigure

Gofigureは、Polyの主な設定を操作・管理ができるiOSデバイス専用アプリ。App Storeから無料ダウンロードできる。Android用は現在開発中とのことだ。

これまでPolyは、Wi-Fiネットワークなどの設定を行う際、本体のボタンをピンで押して設定モードに入った上で、Wi-Fiダイレクトで接続したスマートフォンなどのブラウザから設定を行う必要があった。これがGofigureを使えば、Wi-Fiネットワーク設定をはじめとする各種設定を、アプリから簡単に行えるようになる。アプリ上からBluetoothの設定を直接行うこと、ホットスポットモードの段階的な設定も可能となる。

MPDで生成されたプレイリストをPolyに装填したmicroSDカードから再生できる「QuickPlay」もサポート。SDカード全体を含めたプレイリス作成も可能で、すべてのリストがアプリ内に表示できる。QuickPlayによる簡易プレーヤー機能も備える。

アプリは、ホーム/メイン設定/ステータスの各画面で構成。メイン設定画面では、スイッチとドロップダウンメニューによってPolyの各種設定が可能。Wi-Fi/Bluetooth、ホットスポットモードなどをオン・オフすることで、屋内/屋外の環境を簡単に切り替えられる。

メイン設定画面

また、これまでRoon Readyモードにするためには設定モードにしてブラウザを立ち上げる必要があったが、こちらもGoFigureアプリから設定可能になった。

ホーム画面では、現在接続されているネットワークを表示したり、ホットスポット/Wi-Fi信号/Bluetooth/バッテリーの状態をアイコンで把握できる。さらにQuickPlay/設定/ヘルプにもホーム画面からアクセスできる。

Roon Readyモードのオン/オフもアプリから行える

ステータス画面は、SDカードの容量、使用可能な容量とソング番号、ソフトウェアのバージョン、モデル番号情報などのシステムデータを表示。さらにWi-FiとBluetooth、MACアドレス、設定されたネットワークの数、利用可能なMPDプレイリストも表示できる。またDLNAデータベースの更新ボタンを使用すると、新しい音楽がSDカードに追加された際にインデックスの作成および再作成が可能になる。

なお、本アプリの使用環境はiOS11以上を推奨。PolyのファームウェアはVer.1.0.26以降である必要がある。


関連リンク

関連記事