TOKYO FMなどが主体

全国のFMラジオ番組を聴取、流れる音楽をレコチョクで購入できるアプリ「WIZ RADIO」

編集部:押野 由宇
2018年04月03日
株式会社エフエム東京と株式会社ジャパンエフエムネットワーク、ジグノシステムジャパン株式会社が主体となり、全国39のFM局の番組がエリアフリー・無料で聴取できる新たなラジオ・プラットフォーム「WIZ RADIO(ウィズ レディオ)」を4月よりスタートする。基本料金は無料で、Android版アプリが4月3日、iOS版アプリが4月中旬からリリース予定。

「WIZ RADIO」

WIZ RADIOは全国39の参加局のサイマル放送が楽しめるアプリ。加えてレコチョクとのデータベース連携により、ラジオでオンエアされた楽曲をレコチョク試聴音源とのリンクを行うことで、全国のFM局で選曲された音楽をリスナーがWIZ RADIO上で試聴することができる。

さらに楽曲ごとにレコチョクの購入ページへダイレクトリンクを行い、気になった楽曲をWIZ RADIOで試聴し、レコチョクで購入するまでをワンストップで行える。

またライブ番組だけでなく、同じプラットフォーム上で音声コンテンツをオンデマンドで楽しめる。番組はカテゴリーから検索し、お気に入りの番組を見つけやすい設計としており、β版開始以降、独自コンテンツも含め、ラインナップを順次拡大する予定。

ドコモの「スゴ得コンテンツ」版、ソフトバンクの「App Pass」版も提供開始。全国のFM局の放送に加え、ここだけでしか聴けない番組ごとのトーク番組や、出演アーティストのオリジナルメッセージ、スタジオショットを予定している。なお、Android版では324円(税込)、iOS版では300円(税込)でそれぞれアプリ内課金コンテンツとして提供される。

関連リンク

関連記事