UK7500Pはナノ技術ディスプレイも搭載

LG、DTS Virtual: X対応のスタンダード4K液晶テレビ「UK7500P」「UK6300P」

編集部:成藤正宣
2018年04月12日
LGエレクトロニクス・ジャパンは、DTS Virtual:Xに対応し、内蔵スピーカーで高さ方向の音再現も可能にしたとする4K液晶テレビ「UK7500P」シリーズ3モデル、「UK6300P」シリーズ4モデルの計7モデルを4月20日に発売する。いずれもオープン価格。

■UK7500P
・65UK7500PJA(65型):予想実売価格270,000円前後
・55UK7500PJA(55型):予想実売価格200,000円前後
・49UK7500PJA(49型):予想実売価格160,000円前後

65UK7500PJA

■UK6300P
・65UK6300PJA(65型):予想実売価格250,000円前後
・55UK6300PJA(55型):予想実売価格160,000円前後
・49UK6300PJA(49型):予想実売価格140,000円前後
・43UK6300PJA(43型):予想実売価格120,000円前後

55UK6300PJA

いずれもIPSパネルとエッジ型LEDバックライトを採用した、同社4K液晶テレビのスタンダードに位置づけられるシリーズ。従来モデルとの違いとして、新しく「DTS Virtual:X」に対応。前後左右だけでなく高さに関する情報も含んだサラウンド信号を、内蔵のフルレンジスピーカー2基で再現できるとしている。

UK7500PとUK6300Pの大きな違いはディスプレイで、UK7500Pはディスプレイにナノ技術「TruNano Display」を採用。1nmサイズの極小粒子をカラーフィルター上に敷き詰め、色合いの再現性を高めている。また、HDMI入力の数もUK7500Pが4系統、UK6300Pが3系統と異なっている。

UK7500PはTruNano Displayを採用する

映像エンジンは4K液晶テレビハイエンドモデルと同じく「α7 Intelligent Processor」を搭載。同社有機ELテレビの2017年モデルに搭載されていたものと同一で、輝度/コントラストを部分調光により最適化する「Luminance Optimizer for Local Diming」、ダイナミックレンジを拡張する「Enhanced Dynamic Tone Mapping」を搭載。映像のディテールを繊細に表現できるとしている。

有機ELモデル譲りの映像エンジン「α7」を搭載する

4K/8Kで採用される色域規格BT.2020もカバーする、色彩情報処理技術「True Color Accuracy」を搭載。映像の“正しい色”を緻密かつ正確に読み取り、表現できるとしている。また、残像感を低減する2倍速相当の倍速機能「TruMotion120」も搭載している。

「HDR10」「HLG」という2つのHDR規格にも対応し、さらにSDR映像をHDRに近づけて表示する「HDR効果」モードも搭載している。

UK7500Pにはマイクなどを内蔵する“マジックリモコン”「AN-MR18BA」、UK6300Pには標準リモコンが付属。音声入力によるインターネット検索、部屋の音響特性を測定し音質を自動補正する「オートチューニング」機能が利用できる。なお、UK6300Pも別途マジックリモコンを購入することでこれらの機能を使用できる。

UK7500Pにはマジックリモコン(左)、UK6300Pには標準リモコン(右)が付属。UK6300Pでも別途購入することでマジックリモコンが使用できる

関連記事