同社液晶テレビ史上最大サイズの「SK8000P」も

LG、新バックライト制御“フルアレイディミング”で画質向上させた4K液晶テレビ旗艦機「SK8500P」

編集部:成藤正宣
2018年04月12日
LGエレクトロニクス・ジャパンは、直下型LEDバックライトと新制御方式を採用したフラグシップ4K液晶テレビ「SK8500P」3モデル、同社液晶テレビ史上最大となる75型の4K液晶テレビ「SK8000P」1モデルを4月20日より順次発売する。いずれもオープン価格。地デジチューナーは2基、BS/CSチューナーは2基搭載する。

■SK8500Pシリーズ
・65SK8500PJA(65型):予想実売価格330,000円前後 4月20日発売
・55SK8500PJA(55型):予想実売価格240,000円前後 5月中旬発売
・49SK8500PJA(49型):予想実売価格210,000円前後 4月20日発売

65SK8500PJA

■SK8000Pシリーズ
・75SK8000PJA(75型):予想実売価格490,000円前後 6月中旬発売

75SK8000PJA

いずれもカラーフィルター上に1nmサイズの極小粒子を敷き詰め、色合いの再現性を高めたという「TruNano Display」搭載の4K液晶テレビ。IPS方式の液晶パネルと相まって、幅広い視野角と色再現力を実現したとする。

ナノサイズの粒子によって色再現力を向上させたとする

液晶テレビ最上位のSK8500Pシリーズはバックライトに直下型LEDを採用、「フルアレイディミング」技術によって制御する。光の部分制御を従来より緻密に行うことができ、反射率も低下させることでコントラスト比が向上。高い暗部再現力を実現したという。なお、75型のSK8000Pはエッジ型のローカルディミングLEDを搭載する。

SK8500Pシリーズは直下型LEDを「フルアレイディミング」によって制御、コントラストを更に向上させる

両シリーズとも液晶パネルは10bit階調に対応しており、10億色以上の色彩を表示可能。一般的な液晶テレビに比べ、表現可能な色相は64倍に及ぶという。また色彩の情報処理能力を向上させる「True Color Accuracy」技術により、4K/8K放送で採用される色域規格BT.2020もほぼ余すことなくカバーできるとしている。

映像エンジンは2017年の同社有機ELテレビと同様の「α7 Intelligent Processor」を搭載。部分調光により輝度/コントラストを最適化する「Luminance Optimizer for Local Diming」、ダイナミックレンジを拡張する「Enhanced Dynamic Tone Mapping」といった機能や、最大秒間120フレームのハイフレームレート表示にも対応する。また、映像を滑らかに表示する4倍速相当の倍速機能「TruMotion 240」も搭載する。

映像エンジンは昨年の有機ELテレビと同一の「α7 Intelligent Processor」

HDRは「ドルビービジョン」「Advanced HDR by technicolor」「HDR10」「HLG」の4規格をサポート。さらにSDR映像をHDRの表現に近づける「HDR効果」モードも搭載している。

音声面ではSK8500P、SK8000Pともに、フルレンジスピーカーを2基、ウーファーを2基の計4基のスピーカーを搭載し、ドルビーアトモスに対応。スマートフォンからBluetoothで音声を受信し再生する機能や、専用リモコンの「マジックリモコン」を用いて部屋の音響環境を測定、音質を補正する「オートサウンドチューニング機能」も搭載する。

スマホの音声をテレビの内蔵スピーカーに送信、再生できる

内蔵スピーカーでドルビーアトモスに対応

従来機種から引き続き「webOS」を搭載。スマートフォンの画面ミラーリング機能が強化され、スマートフォンの画面をテレビ画面にかぶせるオーバーレイ表示や、マジックリモコンによるスマホ画面の操作も可能となった。

スマホ画面をミラーリングしテレビ画面に重ねて表示できる

その他、マジックリモコン内蔵のマイクを用いた音声によるインターネット検索機能や、10種類の言語に対応し音声でテレビ操作を行えるAI「ThinQ AI」も搭載。ただし、現時点でThinQ AIは日本語に対応していない。

HDMI入力は4系統内蔵し、すべてが4Kに対応。USB2.0端子は3系統内蔵する。

専用のマジックリモコンにより音声操作にも対応

関連記事