アルミ削り出しモノコックボディを採用

cheero、付属フレキシブルUSBケーブルがスタンドになる超小型Bluetoothスピーカー「BB mini」

編集部:押野 由宇
2018年03月06日
ティ・アール・エイは、スピーカースタンドとしても使用できるフレキシブルUSBケーブル付きのBluetoothスピーカー「cheero BB mini」を、4月中旬より発売する。予定価格は3,600円。また、3月12日よりクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて支援募集を開始し、一般発売に先立ち、特別割引価格での提供も実施される。

「cheero BB mini」

cheero BB miniは、43mm径、質量47gのアルミ削り出しモノコックボディに、フレキシブルUSBケーブルを取り付けて“スピーカースタンド”のように用いることで、設置面からの振動や反射といった影響を受けることなく、自由なセッティングでの音楽再生が行えるとするBluetoothスピーカー。フレキシブルUSBケーブルの長さは60cm。カラーはブラック、ゴールド、シルバーの3色をラインナップする。

スタンドとして使用できるフレキシブルUSBケーブル付き

タイムドメインラボ社の監修により、ゴルフボールほどの小さな筐体からは想像もできないほどクリアで臨場感あふれるサウンドが楽しめるとともに、フレキシブルケーブルによりテーブルの上や棚の上からでも360度に柔らかく広か広がるサウンドを実現したとする。

本機を2台接続することで、ステレオ再生を行うことも可能。同社では「超コンパクトなスピーカーなので、そもそもすごい低音の迫力や大音量再生には向いていません。しかし2個使用したステレオ再生モードでは低音、音量はさらに余裕が出ます」と説明している。

2台接続のステレオ再生も可能

長時間使用にあたって、cheeroバッテリーなどのモバイルバッテリーと接続しての使うこともできる。また、スマートフォンのスピーカー&マイクとしても活用が可能。

Bluetoothはバージョン4.2に準拠し、コーデックはSBCに対応。最大出力は3W。バッテリー容量は400mAhで、約2時間の充電で最大約4時間の連続再生が行える。スピーカー単体で持ち出せるよう、ストラップが付属している。

関連記事