IPSパネル搭載

パナソニック、裏番組録画対応の43/32型HD液晶“VIERA”「F300」

編集部:風間雄介
2018年03月22日
パナソニック(株)は、ダブルチューナーを搭載した液晶テレビ“VIERA” 「F300」シリーズ2機種を4月20日に発売する。

価格はいずれもオープン。画面サイズ、型番、想定売価は以下の通り。

・43型「TH-43F300」 10万円前後
・32型「TH-32F300」 6万円前後

左:TH-43F300 右:TH-32F300

両機ともIPS液晶を搭載し、視野角が広い点をアピールしている。パネル解像度はTH-43F300が1,920×1,080のフルHD、TH-32F300が1,366×768のHD。

ダブルチューナーを搭載し、USBハードディスクへ裏番組録画が行える。また「お部屋ジャンプリンク」機能にも対応しており、別の部屋にあるDIGAやVIERAの録画番組も、ネットワーク経由で視聴できる。

そのほか、ビエラリンクやアクトビラに対応。エコナビ機能、オン・オフタイマー機能、音声読み上げ機能なども備えている。

関連記事