Amazonは全HDRライブラリーをHDR10+で提供

「HDR10+」対応機器やコンテンツがまもなく登場。パナソニック・サムスン・FOXが推進、Amazon/ワーナーも

編集部:風間雄介
2018年01月07日
20世紀フォックス、パナソニック、サムスンの3社は、ハイダイナミックレンジ(HDR)映像の新技術「HDR10+」の認証とロゴプログラムの進展状況について発表した。

HDR10+は、フレームやシーンごとに最大輝度データをメタ情報として記録する「ダイナミックメタデータ」を実現する技術だ。2017年のIFAに合わせて発表され、当サイトでもインタビュー記事を掲載している。

中央がHDR10+のロゴマーク

UHD BDの必須規格である「HDR10」は、コンテンツに対して1つのメタデータしか記録されておらず、シーンによっては明るさが制作者の意図通りに表現されない場合もあるが、HDR10+ではこれを解決する。

今回上記の3社は、このHDR10+の認証とロゴプラグラムが間もなく利用可能になると発表した。公式サイトでロゴ、最終仕様、アダプター契約書などを含むライセンスプログラムを確認でき、サイトに登録することで、HDR10+の技術仕様が入手可能になったときに通知を受けられる。

また、UHD BD用のメタデータ生成ツールは第三者と共同で開発中。制作者がHDR10+対応UHD BDプレーヤー向けHDR10+コンテンツを導入するためのツールが利用できるようになるという。この配信規格とインターフェース規格の詳細情報もまもなくリリースされるとしている。

さらにライセンスプログラムでは、HDR10+を実装するために必要な技術仕様とテスト仕様を提供。また認証プログラムに合格すればHDR10+ロゴを製品に付けることができ、対応製品がHDR10+の仕様を満たすことを保証する。

なお、当初から発表されていたとおり、ライセンス提供にあたってユニットあたりのロイヤルティーは必要ない。必要となるのは最低限の年間管理費用のみとなる。

ライセンスプログラムが開始されたら、20世紀フォックスは将来のすべてのUHD映画にHDR10+を採用する予定。またパナソニック、サムスンも、テレビやUHD BDプレーヤー/レコーダー、その他の製品にHDR10+技術を採用する予定だ。

さらにAmazon Prime Videoは、HDR10+での映像配信を最初に行う予定で、すでにPrime Videoの全HDR映像ライブラリをHDR10+に変換して利用できるようにしたという。これには「The Grand Tour」「The Marvelous Mrs. Maisel」「Jean-Claude Van Johnson」「The Tick and The Man in the High Castle」などのコンテンツや、映画会社から購入した数百のタイトルが含まれる。

また、ワーナーもHDR10+をサポート。「2018年の新作映画タイトルと大量の既存4K HDR映画タイトル(75作品以上)」をHDR10+で提供するとしている。

なお20世紀フォックス、パナソニック、サムスンの3社は、CES 2018においてもHDR10+のデモを展開する予定だ。

関連記事